menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

中国新聞「著者に聞く」欄に江上治の新刊『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』が掲載されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
江上社長 中国新聞 読者欄掲載2016.4.10 (1)

4月10日中国新聞朝刊の『著者に聞く』コーナーにて
江上治の新刊
『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界)の紹介が掲載されました。

本書で掲載している
日本の残酷な現実を踏まえ

ファイナンシャルプランナーとして
お金についてどう考え、

そして、日本に住む私たちとして
今の現状を把握し、どのように生きるべきかをお伝えしてる
本書をより多くの方が読んでいただけるきっかけとなれば幸いです。

本書はこちらからもご購入いただけます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4766785983

関連記事

  1. 残酷な日本の現実を生き延びるための方法

    【メディア掲載】残酷な日本の現実を生き延びるための方法

  2. 特別対談

    雑誌『経済界』春季特大号に株式会社マリモ代表取締役深川真様との対…

  3. カリスマFP江上治の人生に勝つ生き方

    【メディア掲載】カリスマFP江上治の 人生に勝つ働き方

  4. 年収がそこそこのサラリーマンが資産形成する方法

    【メディア掲載】年収がそこそこのサラリーマンが資産形成する方法

  5. 20150511_column_egami

    【メディア掲載】人生で成功するためには、どんな人と付き合うべきか…

  6. 【雑誌掲載:日経ビジネス[アソシエ]】

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る