menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 行動できない理由
  2. 自分の最期を想定する
  3. その努力は思考停止していないか?
  4. エネルギーを自分の未来に集中しろ
  5. 脳内に「勝ちぐせ」をつける
  6. 人はコントロールしようと 思うほど離れていく
  7. 真似るべきは「思考」だ
  8. まぐれでも成功する、問題はそれからだ
  9. 私の講座に訪れる人の特徴
  10. スーパーリッチは挑戦し続ける
閉じる

江上治 Official Integrate

人が作ったルールに振り回されていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hitoga

私の損保時代の同僚の
話をしたいと思います。

彼は、親が税理士で東京の一流大学を
出て入社した学業優秀な人間でしたが
入社2年で精神を病んで会社を
辞めてしまいました。

当時この会社の上司は
部下たちにあらゆる注文を
付けていました。

事務や不動産の資格を取ることも
そうだし、完璧な報告書を作り
担当している損害保険の
営業数字を上げ、
同時に火災保険も売るようにしろ

といった具合です。

上司がその全部を本当に
求めているかといえば
実はそうではありません。
思いついたものを片っ端から
部下に投げかけているだけです。

その証拠に
言われたことを完璧にやらなくても
売上を上げている人間には
文句を言われることがありません
上司も現実を良く分かって
いたのでしょう。

しかし、彼は真面目だから
言われたことの全てを
やろうとしてしまいます。

その結果、あらゆることが
半分くらいしか出来ていません。

数か月はそれでもよくても
次第に上司も
何一つできない彼を
責めるようになります。

「お前は何一つできていないな!」

と毎日何時間も怒られる
ようになってしまったのです。

「何もできていない」

というのは裏を返せば
「何か一つ出来ればいい」
という事です。

上司は彼を怒られ役にする事で
部下たちにそのことを
気付かせようとしたのだと
思います。

この「何か一つ」の中で
上司が一番求めているものが何か
それに勘付いて、
いち早くそこで成果を上げれば
結果的にその部下が一番評価
される事になります。

私も当時の上司には
怒られましたが、話は2割くらい
しか聞いていませんでした。
「上司は叱るのが仕事だから仕方がない」
くらいに思っていました。

しかし、
相手が本質的にしてほしい事は何か
見極めるようには心がけていたのです。

真面目過ぎて心が折れた彼は
気の毒ですが、世の中は
こんなふうに会社は会社
上司は上司でそれぞれの
ルールに従って動いているような
ところがあります。
そんな「人が作ったルール」
に振り回されていたら
いつまでたっても自分の
やりたいことはできません。

重要な事は
相手が決めたルールの本質を理解し
自分の目標を叶えるために必要な
ルールを実行する事です。

とてつもなく稼ぐ人は
常に要求の本質を理解し
それを確実に実行する事で
自分の目標を叶える環境を
自ら作っているのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. nakamato

    仲間とシェアする、という人生観

  2. 今日と明日には

    今日と明日には切れ目がないことを知っているか

  3. kakugo

    覚悟はどのような意識から生まれるか

  4. shiawase

    幸せなお金持ちと不幸せなお金持ち

  5. anata

    あなたが億を稼ぐ人と勝敗を分けた、ただ1つの理由

  6. kaseguhito

    稼ぐ人はなぜ決断が速いのか

おすすめ記事

  1. 行動できない理由
  2. 自分の最期を想定する
  3. その努力は思考停止していないか?
ページ上部へ戻る