menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 今から金持ちを目指すな!
  2. 生きづらさは変わるサイン
  3. 挫折する人、しない人の違い
  4. 不労所得ばかり追いかける人の特徴
  5. 商売は今も昔も変わりなく
  6. 情報がないと想像すらできない
  7. ただひたすらにライフスキルを磨け
  8. 集中するためのタスク管理
  9. 50代のあなたへ知ってほしいこと
  10. ’’巻き込み力’’を磨け!
閉じる

江上治 Official Integrate

力の「入れ時」と「抜き時」を間違っていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
column-580x435

80:20の法則があります。
「パレートの法則」とも言われますが
例えば仕事の成果で言うなら、成果として
上がるうちの80%は、成果のうちたった
20%分しか貢献していないということです。

この80%分の労力で、
さらに成果をあげようとしても
そうそうできるものではありません。

要は
「20%の大事な仕事」をするために
効率の悪い80%はどうしても
必要になります。

では、この仕事の80%を
どのようにやるかといえば、
結論は「肩の力を抜いてやれ」
なのです。

そう言うと誤解されるかもしれませんが
別に怠けろとか、手を抜けという
ことではありません。

ただこの
「それほど大事ではない仕事」
に全力投球したところで、
結果は大きく変わらないのです。

だとしたら
「それほど大事でない仕事」
で力を消耗せず、必要な力を
”20%の大事な部分”に注げ
ということなのです。

その方が何倍も大きな成果を
手にすることができます。

真面目な人は
全ての仕事に全力投球し、
疲弊してしまい、
結局大事な仕事も疎かになってしまう
悪循環にはまってしまうのです。

要はメリハリが効いていないのです。

逆転力のない人に限って
できもしない無理な理想を掲げて
失敗しているのです。

実は上司も会社も
大事でない80%の仕事の結果は
実はそれほど気にしてはいません。

大事なのは常に大きな成果を上げる
重要な仕事です。

ここをミスせずに
上司が望む以上の結果を出す人が
最終的に評価され、
仕事も快適にやれる人なのです。

『釣りバカ日誌』の主人公の
ハマちゃんが釣り三昧に暮らしているのに
会社で生き残れているのは
釣り好きの社長にうまく取り入っている
からではありません。

大切な仕事ではきちんと
成果を出しているからです。

ではどのようにその
大切な仕事を見分けるか

何より上司が念を押して
「やってほしい」と指示したり
「もう少しここをなんとかしてくれ」
と口に出していることです。

それだけ上司はそこに
困っているのです。

何回も同じことを言わせるなと
上司の逆鱗に触れる人は
その重要な部分をしっかりと押さえていないのです。

「たまたまそこだけじゃないか」
「他のことをきちんとやっているではないか」
ではありません。

その仕事だけは
まずはしっかりやってほしいと
思っているのです。

とてつもなく稼ぐ人は
上司や取引先が、一番重要だと感じていることを
きちんと押さえ、そこを絶対に外さず集中し
うまく力を抜くことができているのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国1位を4回受賞し
年収1億円以上の顧客を50人以上抱える江上治の思考が学べる
『年収1億円思考法メールレッスン』に登録しませんか?

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 8:29

    たかが「カネ」

  2. 12:20

    メンターがいる人生、いない人生

  3. IMG_0662

    「過去」を「未来」のために活用しているか

  4. shampoo

    シャンプーを何回プッシュするか

  5. kaseguhitogamotu

    稼ぐ人が持つ「目的思考」とは

  6. 11:10

    人はコントロールしようと 思うほど離れていく

おすすめ記事

  1. 今から金持ちを目指すな!
  2. 生きづらさは変わるサイン
  3. 挫折する人、しない人の違い
ページ上部へ戻る