menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 自分の「独学の手法」
  2. 一流こそ危機感が高い
  3. 資産運用に翻弄される前に
  4. 仕事にいらないもの
  5. 人生を変える「営業」
  6. 税の蛇口をチェックする
  7. 行動から価値観を変えていく
  8. 他人を攻撃して自分の欲求を満たす人
  9. 才能・能力が開花する過程
  10. 遠回りでもまっとうであること
閉じる

江上治 Official Integrate

資格があれば自動的にお客様が来てくれると思っていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外かもしれませんが
ほかに代わりがいくらでもいる
代表的な業種、つまりは
「自分ブランド」と正反対にある
業種の一つが、実は、
税理士・弁護士・司法書士などの
「士業」です。

士業はプロフェッショナル性が
高く求められる職業でもあり、
世間受けはピカ一です。

しかし、
彼らが立脚しているのは
所詮「資格の価値」でしかないのです。

私自身
自分ブランドを掲げて
稼いでいる士業の人間はほとんど
お目にかかっていません。

いくら「俺は稼いでいる」と
広言したところで、彼らの年収は
せいぜい2000万円というところでしょう。

彼らが年収1億円までを
目指そうと思うのなら、
答えは簡単です。

士業の看板から離れる
つまり、「資格の呪縛」から
離れてみればいいのです。

自分に自信が無い人は
自分の武器を増やそうとします。

弁護士などの
国家資格だけでなく、

最近は、
フラワーコーディネーターや
アロマコーディネーター等の
民間資格ビジネスも盛んです。

そうやって
資格を持つことで
自信をつけようとしているのです。

資格の取得には膨大な時間がかかります。
だから、自分が取得した資格に対し
必要以上に固執し執着します。

費やしたコストが
大きければ大きいほど
そこから離れられないのです。

稼ぐというのは
自分の4つの資源を使い
相手の課題を解決することです。

決して自分のスキルをあげれば
自動的にお客様が来てくれる
わけではありません。

ところがマーケットが広がっていない
士業の世界で、その資格取得
までかかった費用を回収しよう
ともがいている。

もし、
あなたが
税理士や弁護士、司法書士
社労士や行政書士で
とてつもない成果を得たいと
思うのなら、
資格の呪縛から離れ
社会が求めているものが何か、
そして自分が生きてきた
過去を振り返り、才能の源泉を
見つけることが必要です。

とてつもなく稼ぐ士業とは
資格ではなく、自分の
ブランドで勝負できる人なのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 問題解決に根性はいらない

  2. その努力は正しい努力か?

  3. 職人でなく商売気質であれ

  4. 稼ぐ人の武器はT字である

  5. バカにもなるし、クリエイターにもなる

  6. 主語が私になっていないか

おすすめ記事

  1. 自分の「独学の手法」
  2. 一流こそ危機感が高い
  3. 資産運用に翻弄される前に
ページ上部へ戻る