menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. やりたいことは、すぐにやれるはず
  2. 最初に真似すべき富豪の特徴
  3. 逃げる手段を考えること
  4. セルフブラックへ飛び込め
  5. 相手の「特別」になる方法
  6. 景気が変わっても変わらないもの
  7. 自分の仕事を自ら承認せよ
  8. 大きく成功する人と小さく成功する人
  9. リストラ、業務縮小が止まらない
  10. 理想の実現化を具体的に考えよ
閉じる

江上治 Official Integrate

失敗した時が勝負だと知っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
column-580x435

人との付き合いの中で
失敗することもあります。

相手の要望に応えきれず
不快な思いをさせてしまうこともあるでしょう。

そんなとき
そのマイナス状態を逆転できない人が
よくやってしまうのは
言い訳をすることです。

「私が悪いわけじゃないんです。」
「そんなつもりではなかったんです」

これがどうしていけないかと言うと
自分の感情にしか焦点を合わせていないからです。

「問題を抱えたくない」
「ペナルティを課されたくない」

とか、
突然に起こったマイナスの事態から
いち早く逃げ出したい気持ちしか
伝わってきません。

これはクレーム処理にも通じます。

確かに問題が起こったのは
あなたの責任ではないかもしれません
相手が誤解しているかもしれません。

しかし、目の前の人は
現状として不快な思いを抱き
怒りや不満の感情を持ってしまっているのです。

相手のことを思うならば
まずはその感情を和らげてあげる
努力をするのが第一でしょう。

では何をすべきか。

もちろん「謝罪」です。

「不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。」
「本当にごめんなさい」

丁寧に頭を下げて謝る。
本心から謝罪の気持ちを持って謝る

これができなければ
人生を切り開ける人に変わることはできないのです。

言い訳ばかりする人に限って
自分に自信が無いし
引け目を感じています。

自分は謝ることもしないのに
できる人たちを見て
「彼らは謝罪をする必要がなくて
いいな」と羨ましがっています。

しかし、それは間違いです。

今成功している人も
これまで大失敗を何度も犯しています。

しかし、
最後に成功している人と
成功しない人との違いは

真っ先に相手に謝罪する態度を
示しているかどうかという点なのです。

ある有名ビジネスプロデューサーは
広告の仕事をした時に
相手の名前を間違って掲載してしまったそうです。

その時彼は
いち早く菓子折りを持って
深々と謝罪に行きました。
さんざん罵られたのですが
それを黙って聞いていたそうです。

怒られるのは恐いし
頭を下げなければならないのは
辛いものです。

けれどもそうしたトラブルから
逃げ回っていたら
いつまでも人い対して
何らかの行動を起こせない人に
なってしまいます。

謝罪することも
自分を成長させる勉強だと思い
素直な気持ちで
「ごめんなさい」と言える
人間になりましょう。

とてつもなく稼ぐ人は
幾多の失敗に向き合い
素直な気持ちで謝罪し
大きな信頼を得て今の
成功を掴んでいるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国1位を4回受賞し
年収1億円以上の顧客を50人以上抱える江上治の思考が学べる
『年収1億円思考法メールレッスン』に登録しませんか?

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. face book standard - コピー (2)のコピー6

    その行動は人生の質を上げるか?

  2. 7:25

    付加価値のカタチ

  3. 10:18

    「勝ち続けて」こそ本物

  4. 4:1

    営業力は起業の要

  5. kaseguhito

    稼ぐ人が持つ「導入力」「変換力」の源泉とは

  6. makepatarn

    負けパターンを断ち切る手帳の使い方

おすすめ記事

  1. やりたいことは、すぐにやれるはず
  2. 最初に真似すべき富豪の特徴
  3. 逃げる手段を考えること
ページ上部へ戻る