menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
  4. まねるだけでなく「変換力」を持っているか
  5. 「過去」を「未来」のために活用しているか
  6. 人脈づくりを面で考えているか
  7. 人脈づくりでのコストとは何か
  8. 一人で勝とうとしていないか
  9. 人生が傾きかけると主語が「私」になる
  10. プロは2つの目を持っている
閉じる

江上治 Official Integrate

負けない戦術を常に考えているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
makenai

「人間は習慣の動物である」
これは、ウォーレン・バフェットの
言葉ですが、まさに名言です。

稼げる人間には稼げる習慣があり
稼げない人は稼げない習慣があります。

シンプルに考えれば
稼げげない人は、稼げない習慣を捨て
稼げる習慣を持てばいいということに
なります。

人は何を習慣にするかで
成功もすれば失敗もするのです。

ただし、少々やっかいな
問題があります。

「習慣」を自己管理することは
至難の業でもあるということです。

だれしもいい習慣があれば
悪い習慣もあります。

いい習慣、稼げる習慣は
生きる上で、かけがえのない
武器になりますが

もんだいは悪い習慣、
稼げない習慣です。

物事がうまく回り
順風を背中に受けて
行け行けドンドンといった感じで
成長の段階をすたすたと登り
あともう少しで目標に到達する
といったときに、
少し気持ちのゆるみが出ます。

それまで抑えていた
悪い習慣が顔を出すのです。

そのせいで、
一気にその階段から転げ落ち
再起不能に陥った人を
私は何人も知っています。

そんな時
「もうこんなことをしてはいけない」
と再起を誓うわけですが
、人間はやがてそれを忘れてしまうのです。

だからこそ
そうならないために、
常に過去の出来事、教訓を記憶に刻み

現在の行動に生かして
いかなければならないのです。

それができれば
あなたのブランド力が格段に高くなります。

そして、
それに役立つのが
まさに手帳なのです。

負の連鎖を断ち切るために
手帳を使えばいいのです。

考え方としては
勝ちパターンだけでなく
負けパターンをビジネスに活用します。

自分の失敗事例を認識し
負けない自分をつくりあげる戦術です。

負けない戦術とは
実は高等戦術でもあります。

人間は勝つこともあれば
負けることもあります。

もちろん、一敗地にまみれても
心がけ次第で勝ちに転じることも
不可能ではないし、
そこで大きな気づきも得られますが
できれば圧倒的な負け、大敗は
避けた方がいいでしょう。

あらゆる知恵を駆使して
決定的に負ける状態を避けるのです。

負けない戦術を考えることは
勝者になる確実な方法でもあります。

ユニクロの柳井社長の最初の著書の
タイトルは「一勝九敗」
まさに、成功するために
「どう負けるか」がいかに大切か
ということが、この本のタイトルからも
分かります。

そして最後の最後
小さいながらも勝機が見つかったとき
持っているリソースをすべてつぎ込んで
勝ちにつなげる。

つまり、負けない戦術を考えることは
勝者になる確実な方法でもあります。

とてつもなく稼ぐ人は
負けパターンを手帳に記録し、
負けない自分を作り
勝機に一気に勝負出来るように
万全の準備をしているからこそ
成功しているのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. shiawase

    幸せになる思考、不幸を招く思考

  2. bimbo

    貧乏人の思考になっていないか

  3. お金が人間wお

    お金が人間を堕落させるのではない

  4. seikousha

    成功者から応援される人の条件とは

  5. tanin

    他人は変えられないことを知っているか

  6. facebook_catch

    覚悟を決めれば居場所が現れる

おすすめ記事

  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
ページ上部へ戻る