menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 稼げる人間は過去をよく覚えている
  2. 成功者の裏の顔は暗い
  3. 金融は知識武装の時代へ
  4. これからを生きる、2つの覚悟
  5. メンターは神ではない
  6. 夢を公言できる人
  7. 挑戦し、捨てていけ
  8. 最も難しい時代に生きるサラリーマンへ
  9. 1つの「何としても」をやり遂げろ
  10. お金から感情を切り離せ
閉じる

江上治 Official Integrate

代金とは「代わり」の「お金」である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
daikinn

先日の私の講座で
ある税理士の話をしました。

以前担当をしていた税理士で
当初5万円の顧問料を、当社の業績が
良くなったのをみて10万円にしてほしい
と言ってきたのです。

価格を「代金」と書くように
お金は本質的に何かの代わりのものです。

あなたがもし大切な人をさらわれたら
「身代金」として、莫大な請求をされるでしょう。
犯人もそれが、命の代わりのお金だと
意識しているから、請求できるのです。

そこで、その値上げを要求してきた
税理士に対し、プラス5万円の理由を尋ねた
ところ理由は全くありませんでした。

当然払える訳がありません。

このように、
あなたが提示する代金には
何の代わりのお金かを説明する必要があります。

稼げない人には
その説明が足りていないのです。

どんなベネフィット(便益)を
相手に提供するのか、そしてその
期待される効果はどんなことか

例えば件の税理士が
コスト削減や売上増に直結する
提案をする代わりに10万円の提示を
していれば納得したかもしれません。

かの稲盛和夫氏も
「値決めは経営である」と言います。
経営者でなくてもこの
「何の代わりのお金か」は
常に意識していかなければなりません。

とてつもなく稼ぐ人は
常にいただくお金が何の代わりのお金かが
説明でき、その価値を確実に提供し
お客様から支持をいただいているのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. au

    会うことが仕事だと思っていないか

  2. asu

    明日25日に大阪でお会いしましょう。

  3. botomup

    ボトムアップ思考かトップダウン思考か

  4. yume

    あなたの手帳には夢やロマンが詰まっているか

  5. 富裕層と格差

    富裕層と格差の話

  6. 11:28

    自分のロードマップを公開せよ

おすすめ記事

  1. 稼げる人間は過去をよく覚えている
  2. 成功者の裏の顔は暗い
  3. 金融は知識武装の時代へ
ページ上部へ戻る