menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国は自助努力で生きろといった
  2. 60代以降のロールモデルを探せ
  3. 自分のデータを溜めていけ
  4. 今ある環境で成果を出そうとする人
  5. ビジネスを前進させる「感情」の使い方
  6. 一生の相で今を判断する
  7. 積極的に時間を買え
  8. 人がついてくる最大の理由
  9. 結果が出ない2パターン
  10. 交渉の順番
閉じる

江上治 Official Integrate

未来はいきなり顔を現すわけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mirai

稼げない人は
明日、明後日、1週間先と
先にしか目がいきません。

過去を見ないという欠点です。

「え、欠点?
手帳はそもそもそんなものじゃないの?」

と驚いているようでは
要反省です。

後ろを見るな
前を見ろ!

それがプラス思考と
教えられているから
どうしても前のめりの
前傾姿勢で毎日を過ごすように
なるのです。

確かに
過去の失敗にこだわり
いつまでも未練たらしく
愚痴を言い続けるというのは
格好が悪いし、いい結果を招くことは
ありません。

ですが
私は会社のスタッフに
「席を立ったら前のめりで出て行かずに
今までいた席を振り返って見直せ」
と言っています。

椅子をきちんと机の下に戻し
机の上を点検してから出かけても
どれほどの時間もかかりません。

そのわずかな時間を
「過去」に意識を向けるだけで
落ち着きを得るはずです。

忘れ物に気付いたりすることもあります。

今日、明日、明後日という未来は
昨日まで続いてきた過去の
日々の延長線上にあるということを
私たちは忘れがちです。

未来はいきなり
顔を現すわけではない
という事です。

単にスケジュール帳として
手帳を使ってきた人にとっては
数年間の手帳はすでに遠い過去に
なっているかもしれません。

しかし、机の隅に残っていたら
引っ張り出して、久しぶりに
自分の過去と対面してみて
ください。

何を見るのか

あなたの「過去」にも
成果を得ることに成功した経験、
失敗した経験がぎっしりと
詰まっているはずです。

その事実と
それに至るプロセスを
見ていくのです。

その経験を思い出しながら
どのような条件下で勝ち
あるいは負けたのか
それらを復元していくのです。

昨日までの手帳の記録を集め
分析してみてください。

それによってあなたの
独自の勝ちパターン、
負けパターンが
姿を現してきます。

自分の勝ちパターンを
見つけた人間ほど強いものはありません

しかし、こうしたことを
しっかりと記録し
分析している人は少ない。

ともかく先を急いだところで
得るものは何もありません。
過去こそ、輝かしい未来のための
宝庫なのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 3:19

    資本主義の終焉とお金持ちの生き方

  2. hidarite

    左手は「思考」に、右手は「運命」に

  3. 10:25

    戦略的に伝えよう

  4. 4:19

    根性で解決しようとするな

  5. 11:22

    50代は人生中間点の成績表

  6. 12:28

    今年1年「あっという間だった」人へ

おすすめ記事

  1. 国は自助努力で生きろといった
  2. 60代以降のロールモデルを探せ
  3. 自分のデータを溜めていけ
ページ上部へ戻る