menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
  4. それを疑い、確かめよ
  5. 多動力に必要な自分の最重要事項
  6. サラリーマンと貧困層
  7. 65歳以上の働く理由
  8. あなたが投資で描く未来は何だ?
  9. 自分より大切なものがある人
  10. 軸はどこへいった?
閉じる

江上治 Official Integrate

自分がやらなければと考えすぎていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jibunga

「江上さん、走りすぎじゃないの。
少しは力の抜き方を覚えた方がいいよ」

私がちょうど45歳を過ぎた
タイミングの時、
アースホールディングスの國分社長から
こう言っていただきました。

二十代のうちは
仕事の基礎力を身につけながら
スキルを磨く。

三十代では、二十代でモノにした
スキルを使ってお金を稼ぐ

そして四十代になったら、
それなりの働き方に変えていく
必要があるというのです。

「プレーヤーとして前線に立つ
ばかりでなく、マネジメントを
考えないとダメだよ。
自分ばかり走っていても、
組織としてよい仕事はできないよ」

と國分社長は言います。

私も含めて多くの四十代は
まだまだ自分が先頭に立って
稼がなければならないという気負いで
仕事に取り組んでいます。

組織にいる人であれば、
部下に仕事を任せきれずに、
「やはり自分がやらなければ」
という思いから、
部下の仕事まで背負い込んでいる
人もいるでしょう。

しかし、よかれと思っているのは
本人だけで、逆に部下の専門知識
や技能を身につける機会を奪う
ことになっているかもしれません。

本人も、部下の仕事まで
抱えてしまうと、本来
自分がやるべき仕事にまで
時間がとれなくなります。

あるいは、両方頑張ろうとして
からだを壊してしまうことに
なるかもしれません。

では何をすべきか

それは、一つは
人を育てるということです。

自分が培ってきた知識や経験
ノウハウを部下に伝え、
自分の代わりに現場での
仕事を任せられる人材を
育てることです。

そして部下に任せられれば
頭脳を使う仕事に時間が
振り向けられ、戦略を考えたり
新商品のサービスやアイデアを
練る、組織運営やビジネスの
ネタ作りに注力できるようになります。

仕事を仕分けして
自分にしかできない仕事と
部下でも出来る仕事を区別し
後者は部下に任せ
上手に力を加減しながら
仕事に取り組むことで
より自分の能力を有効に使える
ことになります。

いいアイデアや発想は
リラックスしたり旅行やスポーツなど
息抜きの時間に生まれることも多いです。

私も、広島の株式会社オフィシャルの
代表を昨年から笠井裕予に
任せています。

そのために、
私の知識・経験・ノウハウを
全て伝えてきました。

そしてその笠井も
自分が経験してきたことを
マネーキャリアコンサルタント養成講座で
お伝えしています。

自分ばかりが走るだけでなく
任せるところは任せ
上手に力を抜いて取り組むことで
自分も組織も成長するのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. IMG_0828

    遅咲きの人がなぜ最後には成功するのか

  2. facebook_catch

    機会損失を甘く見ていないか

  3. column-580x435

    成否は「自責」か「他責」で決まる。

  4. プロフィールに

    プロフィールに名詞と数字が入っているか

  5. ji

    自分だけのフィルターを持つということ

  6. 10:12-1

    成功者は真逆のタイプを求める

おすすめ記事

  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
ページ上部へ戻る