menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あの人はセンスがいいから
  2. コミュニケーションすべきは自分
  3. サラリーマンよ、当事者意識はあるか?
  4. 準備で心の扉を開いていけ
  5. 空席をみつけたらとにかく座れ
  6. そこを破れば成功へのヒントがある
  7. プロフィールの用意はできているか?
  8. 最強のビジネススキル
  9. 水道が出しっぱなしになっていないか?
  10. 白馬の王子様が解決してくれるのか?
閉じる

江上治 Official Integrate

他人の人生と比べていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tanin

アースホールディングス
の国分利治社長からは人生の
さまざまなことを教わりました。

その考え方の中で私が特に
気に入っているものがあります。

それは、「主演=自分」の
映画のシナリオを書くというものです。

自分が映画で主演するとします。

そのとき、あなたであれば
どのような役を演じたいと
思うでしょうか。
そして、あなたがその映画の
シナリオを書くとすれば、
どのような舞台を選び
どのようなストーリーに
するでしょうか。

私は、仕事でお金の相談に
乗るときは、お金についての
アドバイスをする前に

「人生企画書」を
つくるという形で、
お客様に自分の人生設計に
ついて考えてもらうように
しています。

どういうものかというと
まずは自分の人生が終わる
「予定日」を設定し、

その日までに「残り時間」
がどの程度あるか計算してみます。

そのうえで、
人生の目的を書き出し
それを実現するための時間の
使い方をプランニング
するというものです。

自分の人生の主役は、
ほかでもない自分です。

主演=自分の映画の
シナリオを書くというのは
私がすすめる
「人生企画書」を
つくるという考え方と
同じなのです。

それでも私たちは
つい自分の人生と、
他人の人生を比べてしまいます。

私の場合は、
仕事で成功するために、
人生での家族との時間を
犠牲にすると決めました。

それにもかかわらず、
ほかの人が「娘の体育会に
参加した」と、
うれしそうに話すのを聞けば
自分もそうすべきだったのではと
後悔の念に襲われることもあります。

しかし、自分の人生は
自分だけのもの。

その意味では、
誰に何と言われようと関係ない
結局最後は、自分との
闘いになるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. kokoronokeitai

    「心の携帯電話」を捨てることができるか

  2. column-580x435

    上司を勝たせているか

  3. IMG_0664

    自分の狭い人生だけを生きようとしていないか

  4. kaisha

    会社名や肩書きがなくても、人を集めることができるか

  5. 7:11

    空席をみつけたらとにかく座れ

  6. 4:16

    あなたを不安にしているのは何だ?

おすすめ記事

  1. あの人はセンスがいいから
  2. コミュニケーションすべきは自分
  3. サラリーマンよ、当事者意識はあるか?
ページ上部へ戻る