menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 悶々と悩むより自分に正直に生きろ
  2. ブランドとは研ぎすまされた ダイアモンドである
  3. 人も事業も分散投資をせよ
  4. 魔法を求めて講座へ来るな
  5. PDCAの前に「準備」を加えよ
  6. できる人は失敗しても自分の価値は下がらない
  7. 業界ににじみ出る老害
  8. 目的地を決める前に誰をバスに乗せるか
  9. 信頼関係が高まる力強いことば
  10. 自分の資質と課題を再定義せよ
閉じる

江上治 Official Integrate

シャンプーを何回プッシュするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shampoo

ビジネスで儲けるにはどうすればいいか
私のところにもそんな相談が
数多く寄せられますが、
一つ言えることは
「グレーゾーン」を意識するという事です。

ここで言う黒とは
企業の利益を優先させた活動
白とは
利益を度外視して顧客に尽くす
「お客様第一主義」のことです。

企業である以上
儲けを追求するのは当然です。
しかし、利益を優先させるあまり
品質や安全面をおろそかにすれば
大変なことになります。

必要経費を圧縮すれば
一時的に利益が出るかもしれませんが
衛生管理の不徹底による
食中毒や、欠陥品による事故が
起きれば、企業の信頼は失墜します。

一方で「お客様第一主義」という
考え方も間違えてはいないのですが
そればかりを追求すると
企業として利益を生みにくい
構造になる可能性があります。

このように企業の利益を黒
消費者や顧客にとっての利益を白とすれば

その間に位置するグレーの
どのあたりで、
双方が利益を分け合うかが
問題になってきます。

黒に近いグレーであれば
より企業は儲かるし

白に近いグレーであれば
その逆です。

つまり同じグレーゾーンでも
どこまで絶妙なグレーに
落としどころを持ってこられるか
それが経営者の手腕なのです。

アースホールディングスの
國分社長は、お客様の髪を洗う
ためのシャンプーを1回につき
三プッシュにおさえるように
徹底しています。
お客様の満足度が三プッシュでも
四プッシュでも変わらないという
事実に基づいて
必要経費を抑えるという理由からです。

200店舗を超える規模の
フランチャイズになると
シャンプーの一プッシュの
節約を続けることで
年間でも相当額の経費が抑えられます。

そのうえで浮いたお金を
目に見えるサービスに投資し
お客様に喜んでもらえる形で
還元することができれば

お互いにとって
メリットがあるというわけです。

自分と顧客
ともに利益の出る
グレーゾーンはどこか

もちろん、企業にとって儲けが大きく
顧客にとっても恩恵があるという
ビジネスモデルを作ることができれば
理想的です。

とてつもなく稼ぐ人は
「絶妙なグレー」が
一番カネになるということを
知っているのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. kijunchi

    基準値を上げ続けよ。

  2. yoku

    欲のコントロールが出来ているか

  3. mirai

    未来はいきなり顔を現すわけではない

  4. 金持ち脳

    金持ち脳と貧乏脳

  5. 正しいこと

    正しいことが大事なこととは限らない

  6. shiawase

    幸せなお金持ちと不幸せなお金持ち

おすすめ記事

  1. 悶々と悩むより自分に正直に生きろ
  2. ブランドとは研ぎすまされた ダイアモンドである
  3. 人も事業も分散投資をせよ
ページ上部へ戻る