menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 自分で人生の可能性を摘み取るな
  2. 無意識にプレッシャーを作っていないか?
  3. 人の中身を変えるたった一つのこと
  4. 強い導入力と変換力の影にあるもの
  5. 嫌われて信用をつくれ
  6. あなたは財産、ところで何ができるの?
  7. 営業もマーケティングもしないFP
  8. 私が笠井に勝てないこと
  9. 自己ブランディングは必要か?
  10. お金に強いオンナであれ
閉じる

江上治 Official Integrate

上司を売れるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jyoshi

誰しも若い時は、客先を訪問しても
「自分には売りになるものが無い」
とはがゆく感じるものです。

とくに新人のうちはそうです。
それは当然。知識や技術、
専門性などあらゆる面において
未熟なのだから仕方がないのです。

しかしだからといって
「自分には営業は無理ではないか」
と悲観する必要はありません。

逆にできもしないことを
「できます」と誇張したり
知ったかぶりをしたりすることの方が
危険で、顧客の方が商品や業界の
知識に詳しいこともあるので、
虚勢や見栄は見破られてしまいます。

では何を売ればいいか

上司です。

上司の実績や強みを
大いに活用させてもらうのです。

私も二十代のころは
「上司のこと」を徹底的に売ったものです。

実績の無い新人でも
アポを取ることくらいはできる
「今度私の上司を連れていくので
ぜひ会ってください」

と顧客に頭を下げるだけでいい

そこで私は徹底して
アポを取ることに注力しました。

そうやって顧客をつかまえたら
次は上司に頭を下げるのです。

「顧客訪問に一緒にいって
営業トークをお願いできますか?」

上司をお客様の元に
連れていくことに成功すれば
しめたものです。

実績やノウハウが豊富な
上司の話なら、
顧客も耳を傾けてくれます。

これは私にとっては
営業のやり方を学ぶ
絶好の機会にもなりました。

上司のトークを録音させてもらい
会社に戻って繰り返し聞いたものです。

実績やノウハウだけではありません。
上司の地元での人脈
上司の人柄なども
顧客に話し、
顧客も大きな関心を寄せてくれました。

現地採用で本社の出世レースに無縁
だったその上司は

「よし、俺の代わりに
江上を出世させてやる!」
と宣言して頂けたのです。

「俺の人脈は全部使っていいぞ」
とも言っていただき、
私が実績をあげられるよう
全面的にサポートしてくれたのです。

とても男気のある人でした。

「私の上司は決してお客様に損はさせません」
「人が喜ぶことを、徹底的にする人です」

と私は上司の人柄をアピールして歩きました。

どんな上司であっても
悪口を言うなど論外です。

少なくとも上司の悪口を言って
出世した人は見たことがありません。

自分を売れないのなら
徹底的に上司を売る

それが「上司を売る」という
本当の意味なのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. column-580x435

    良いプレッシャーと悪いプレッシャー

  2. kaseguhito

    稼ぐ人が持つ「導入力」「変換力」の源泉とは

  3. 自分の資質と課題を再定義せよ

    自分の資質と課題を再定義せよ

  4. eigyou

    営業経費は借金であることを意識しているか

  5. column-580x435

    主語が私になっていないか

  6. 10:4-2

    営業はあなたの人生観を磨く

おすすめ記事

  1. 自分で人生の可能性を摘み取るな
  2. 無意識にプレッシャーを作っていないか?
  3. 人の中身を変えるたった一つのこと
ページ上部へ戻る