menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 過ぎ去った経験に命を吹き込め
  2. 「努力」だから続かない
  3. 今からロードマップの準備をする
  4. 習慣で手に入れるお金で買えないもの
  5. 手帳にない人生は絶対に起こらない
  6. 相手を先に信頼する
  7. 違いの孤独を耐え抜け
  8. 独立する恐怖を吹き飛ばしたもの
  9. すばらしい言葉は鉄の扉をも開ける
  10. 同じ目線から関係構築は始まる
閉じる

江上治 Official Integrate

不運な目にあったのは誰のせいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fuunnname

私たちはチャンスに恵まれるときも
あれば、不運な目に遭うときもあります。

会社員であれば
希望しない部署への移動や転勤
会社そのものの倒産
リストラ・・・

こういった逆境や苦難は
誰でも避けたいものです。

しかし、
不運に遭遇したとき
これをどうとらえるかが大切です。

年収1億円以上稼いでいる人は
不運をことごとくチャンスに変えて
さらに成長し、億単位の年収を
稼いでいます。

それはなぜでしょうか。

起こった不運を
他人のせいにするのが「他責」
自分のせいだと考えるのが「自責」

1億円以上稼ぐ人の
思考の根底にある共通点は

常に「自責」です。

社員を雇っている経営者であれば
100%が自分の責任と思っていなければ
とてつもなく年収を稼ぎ続ける人には
なれません。

社員にやる気がない
社員が休みがち
スタッフが育たない
社員の営業成績があがらない

全てそういう境遇しか
与えられない経営者の責任です。

夫婦関係でもそうです。

すれ違いがあったときに
相手の方が悪いと思うから
問題が起きるのです。

奥さんが食事を作らないとすれば
奥さんをそのような気分にさせている
自分が悪いのです。

奥さんの機嫌が悪い
それも自分が悪いのです。
もしかして、
「ただいま」の自分の声が
暗かったのかもしれません。

全部自分が悪いのだと
まずは思わなくてはなりません。

そうすれば
自然と解決策が生まれます。

ところが
相手のあそこが悪い
ここが悪いと言い出すと
なんの解決にもならず
同じ諍(いさか)いを繰り返すのです。

そのような行動は
自分にとっての新しい気づきもなければ
人間的な成長もありません。
すなわち、稼げないのです。

自分が引き受けていくしかない
そう思えば全てに向き合うことが
できます。

やり方を変えなくてはならない
考え方そのものを変えなくてはならない
と気づくのです。

まずは
全て自分のせいであると受け止める
ただ、それだけでネガティブになるのではなく

何があってもポジティブに
その解決策を考えていく

そのような前向きな行動力が
とてつもない報酬を生むのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 12:5

    すばらしい言葉は鉄の扉をも開ける

  2. yarasare

    やらされ感の中で動き回り疲弊していないか

  3. mizeni

    身銭を切って、一流のものに触れているか

  4. tumaran

    キミはつまらん男だな

  5. ブランドをリノベーションする

    ブランドをリノベーションする

  6. 稼ぐという意味

    「稼ぐ」という意味を勘違いしていないか

おすすめ記事

  1. 過ぎ去った経験に命を吹き込め
  2. 「努力」だから続かない
  3. 今からロードマップの準備をする
ページ上部へ戻る