menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. やりたいことは、すぐにやれるはず
  2. 最初に真似すべき富豪の特徴
  3. 逃げる手段を考えること
  4. セルフブラックへ飛び込め
  5. 相手の「特別」になる方法
  6. 景気が変わっても変わらないもの
  7. 自分の仕事を自ら承認せよ
  8. 大きく成功する人と小さく成功する人
  9. リストラ、業務縮小が止まらない
  10. 理想の実現化を具体的に考えよ
閉じる

江上治 Official Integrate

「褒める」ができない日本人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
face book standard - コピー (2)のコピー23

江上の友人である大坪 勇二さんの新プロジェクトです。
【朝日新聞デジタルを初め22のメディアでこの「補助金AI」プロジェクトが紹介されました!】

「経営者のアポイントが容易に取れる」そんな、方法が存在します。
「社会に善いこと」をしないとビジネスが伸びないこの時代に、あなたの売上を伸ばし、
さらに経営者から心の底から感謝される。
そんな、方法です。
しかも、
“たった1つの武器” を手にするだけで……。
ぜひ詳細をこちらからご覧ください
https://shigoto-pro2.com/apo2020/lp02/

===============
「褒める」ができない日本人
===============

私は先日、日本ほめる達人協会の
西村理事長とコラボセミナーをしたのだが、

改めて感じるのは、
人の真価を見極め、それを褒め称える、
という行為ができる人は
本当に人柄が素晴らしい。

ご存知だろうか?
日本では各国と比べて、
人を褒めないと言われている。

その理由として、
様々なことが言われているが、

私はその一つに「他人軸」、
つまり他人と比べる傾向が
そうさせていると感じている。

他人を褒めるということは、
他人を承認し、さらに
成長させることに繋がる。

そうなると、自分よりも他人の
能力が優れていき、自分が抜かされてしまう
(もしくはもっと差がついてしまう)
と恐れ、褒めることをしない。

しかし西村理事長のように
相手を成長させる褒め方ができる人
というのは確固たる「自分軸」を持っていて
自分が過去の自分よりも成長することに
眼目を置いている。

他人と自分を成長させ、
それが相乗されることで
さらに強い作用が働く。
それができる人なのだろう。

この西村理事長の活動が、
企業の課長、部長など、
部下を持つ人たちに浸透
していけば、

日本の企業組織は、
もっと強くなりそうだ。

===============================
江上治 LINE@ [ @eur2333d ]
メールレッスンでは伝えきれない内容を
登録して頂いた方だけにお送りします!
是非ご登録下さい!
アカウント @eur2333d
===============================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
===============================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

関連記事

  1. 4:10

    他者の批判で自分を縛るひと

  2. 3:25

    真実の「自分ブランド」

  3. seichou

    成長が止まった後の末路

  4. facebook

    Facebookを無駄遣いするべからず

  5. 12:5

    情報がないと想像すらできない

  6. 2:19

    これからを生きる、2つの覚悟

おすすめ記事

  1. やりたいことは、すぐにやれるはず
  2. 最初に真似すべき富豪の特徴
  3. 逃げる手段を考えること
ページ上部へ戻る