menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. それを疑い、確かめよ
  2. 多動力に必要な自分の最重要事項
  3. サラリーマンと貧困層
  4. 65歳以上の働く理由
  5. あなたが投資で描く未来は何だ?
  6. 自分より大切なものがある人
  7. 軸はどこへいった?
  8. 時間の使い方に生き方の違いが出る
  9. 自分の思考を突きつめろ
  10. 女性達こそ「稼ぐ力」を
閉じる

江上治 Official Integrate

バスから降りてもらう決断ができるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バスから

メンターとはどんな人か
そんな話を前回お話ししました。

私ももちろん
メンターとなる方が
いらっしゃいます。

そして、メンターから
私はいつも
「不適切な人間とは付き合うな」
とお叱りを受けています。

というのも
愛情だけでは
ビジネスは成り立たないからです。

時には冷徹な判断も必要です。

ビジョンとミッションを抱え
儲かる仕組みを考えたら
次はそれを誰に任せるのかを
判断することが
経営者にとって
大事な責任です。

『ビジョナリー・カンパニー2
飛躍の法則』
では、まずは
人材を徹底して選ぶことが
最重要だと説いています。

出発するのは
その後でいいのです。

しかし、途中で判断を
誤ったと思ったら
バスから降りてもらう

つまり、組織から
外れてもらわないと
経営計画は達成できないのです。

これは経営者論ですが

私の著書に書いているように
年収1億円を稼ぐ人ににも
共通の特徴があります。

優れた経営者は
深い愛情を持って
人と接するけれど、
ビジネスの現場では
数字でしか判断しない
ということを
平然と行うのです。

愛情豊かでありながら
冷徹なリアリスト

一見すると
二重人格のような
そんな姿が
年収1億円を稼ぐ
人の共通の性格です。

バスに乗せる・乗せない
という判断は
決して人間がいいとか
悪いというような基準では
ありません。

会社のビジョン・ミッション
ビジネスモデルを
達成できる人をバスに乗せ
達成できない人には
バスから降りてもらうのです。

逆に
稼げない人は
感情だけで判断する
傾向があります。

「この人は話しやすい」
とか
「この人はいい人」
といった、
全部自分の感情だけで
物事を判断してしまうのです。

会社を潰す人は
いい人が多い
とよく言われることですが
ここでのいい人というのは
肯定的な意味ではなく
つまりは決断力が無い
ということなのです。

経営者は
人に嫌われようが
何を言われようが
会社を守ること
社会の役に立つこと
会社のビジョンを追求することに
判断基準を置いて

ダメなものはダメと
いう勇気を持たなくては
なりません。

稼ぐというのは
社会に貢献するという
ことでもあります。

だから
「稼ぐバス」に
誰を乗せるかという問題は
経営者にとって
最優先の課題と言っても良いのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 7:2

    あなたのコーチはそこにいる

  2. 3:14

    大船に乗ったつもりの人たち

  3. ji]

    自分にとって本当に必要なブレーンに出会う方法

  4. 11:2 nounainikachiguse

    脳内に「勝ちぐせ」をつける

  5. facebook_catch

    他人は変えられないことを知っているか

  6. 3:27

    上位3%が行うイグジット戦略

おすすめ記事

  1. それを疑い、確かめよ
  2. 多動力に必要な自分の最重要事項
  3. サラリーマンと貧困層
ページ上部へ戻る