menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 自分で人生の可能性を摘み取るな
  2. 無意識にプレッシャーを作っていないか?
  3. 人の中身を変えるたった一つのこと
  4. 強い導入力と変換力の影にあるもの
  5. 嫌われて信用をつくれ
  6. あなたは財産、ところで何ができるの?
  7. 営業もマーケティングもしないFP
  8. 私が笠井に勝てないこと
  9. 自己ブランディングは必要か?
  10. お金に強いオンナであれ
閉じる

江上治 Official Integrate

時間の「濃度」を高めるたった1つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
濃度をたかめる

人脈づくりが大切であり、
その人脈づくりには、
独り占めしない考え方が必要だと
お話ししてきました。

ところで、この人脈づくりは
時間の価値を高めるために
「限られた時間を何に使うか」
というテーマの
一つの回答でもありました。

さて、
時間の価値を高めるための
方策として「使い方」と同時に
その「濃度」があります。

使い方を考え、
並行してその時間の濃度を
極限まで濃くできれば、
時間の価値は飛躍的に高まるはずです。

それはどうしたら
可能なのでしょうか。

この回答が分かったのは
稼ぐ人と、そうではない
稼げない人の表情の違いに
気付いた時です。

稼げない人たちは
ひどく疲れた表情をしているのです。

多忙だから疲れているのか
しかし、多忙というならば
とてつもなく稼ぐ人は
超が付くほど多忙です。

1日3時間しか眠らずに
全国、全世界を飛び回って
いる人もいます。

ですが、彼らは
疲れた顔を見せません。

疲れた顔を見せないばかり
でなく、毎日が楽しそうなのです。

この違いは何でしょうか。

答えは簡単です。

「目的」を持って
それを達成しようとしている人と

毎日「目標」に追いまくられている人
との差、たったこれだけだったのです。

目的とは
「夢」であり「生きがい」です。
会社であれば「経営理念」に相当するでしょう。

目標とは
ある一定の期間内に達成すべき
数値です。

夢、生きがいで動いている人と
数値に向かって働くだけの人では
あらゆることが違ってきます。

だから、
稼ぐ人間になりたいなら
まずは「目的」を持つことです。

そして、目的から演繹された
何を、いつまでに行うかという
戦略が目標であり、

目的の無い
目標ばかりの生き方は
疲れるし、成果も期待できないのです。

目的とは個人でいえば
「人生の計画を立てる」ということです。

拙著『一生かかっても知り得ない 
年収1億円人生計画』(経済界)では
そんなとてつもなく稼ぐ人が、
どのように人生の計画を立て、
目的を持って行動しているかを
詳しく解説していますので
参考にしてみてください。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766785231

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. techo

    2017年の稼ぎを変える1日「年収1億円手帳1Dayセミナー20…

  2. 18120275_1070601896408191_404325039_o

    なぜ現実逃避を繰り返していた彼が運命を変えられたのか

  3. 10:4-2

    営業はあなたの人生観を磨く

  4. kijunchi

    基準値を上げ続けよ。

  5. jibunmigaki

    自分磨きを今すぐやめるべき理由

  6. facebook_catch

    読書を「稼ぐ時間」に変えることができるか

おすすめ記事

  1. 自分で人生の可能性を摘み取るな
  2. 無意識にプレッシャーを作っていないか?
  3. 人の中身を変えるたった一つのこと
ページ上部へ戻る