menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
  4. それを疑い、確かめよ
  5. 多動力に必要な自分の最重要事項
  6. サラリーマンと貧困層
  7. 65歳以上の働く理由
  8. あなたが投資で描く未来は何だ?
  9. 自分より大切なものがある人
  10. 軸はどこへいった?
閉じる

江上治 Official Integrate

成功している人の5つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成功している人の5つ

拙著『年収一億円思考』は
東日本大震災の直前に出たのですが
たちまち25万部を超えるベストセラー
となりました。

多くの読者に読んでいただいた
一因は、年収1億円という途方もなく
稼ぐ人たちの「思考」とは
何だろうと知りたい欲求があって
それを満たすことができたから
だと思います。

さらに、
知りたいだけでなく、
考え方、行動の様式を
彼らに見習い、同じように
していけば同様に成功する
可能性が高くなると
信じられているからでしょう。

確かに私のクライアントである
何十名という年収1億円以上を稼ぐ
方々には一定のパターンがあると
考えて間違いありません。

私の知人で
年収1億円以上のSさんという方がいます。
そのSさんが講演やセミナーで
話されている「成功している人の
思考パターン」というのが参考に
なりますので、特別に許可を
いただいたのでご紹介します。

全部で5つのパターンがあり

1つめは
「戦略的な思考がある」ことです。

成功する人はビジネス全体を俯瞰して
見ており、ライバル会社が実は
お客様になると分かったり
することもあるのです。

例えば
同業のライバルたちを俯瞰してみて
悩みが発見できたら、解決策を
提示することで、ビジネスが拡大
するということもあるのです。

2つめは
「数字で考える」ということ。
逆に「数字でしか考えない」
と言った方がいいかもしれません。

3つ目は
「予想と結果のチェックを行う」
ということです。

売上が1億円欲しいと考えたら
逆算で100万円で100人に売れる
商品を考える。

まず商品ありきでなく
売れる企画ありきなのです。

4番目は
「常にリストから利益をつくる」
です。

普通は商品を売っても
売りっ放しが多いですが、
新規に買ってもらうのが
一番難しいのだから、
お客様の完全なリストをつくり
引き続き客の好みごとに
適切な商品を適切なタイミングで
アドバイスした方が
儲かるのです。

そして最後が
「非常識・非道徳」です。

誰から見て非常識・非道徳
かと言えば、旧態依然の業界から
見てのことです。

業界の古いやり方を
革命的に改めて、
客が喜ぶやり方で
攻めるわけです。

これは、業界を見ずに
完全に「お客様目線」という
ことでもあります。

だから、
大いに「非常識」と
言われた方がいいのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. nippo

    日報をただの報告書と勘違いしていないか

  2. eigyonotensai

    営業の天才になる方法

  3. 8:13

    多動力に必要な自分の最重要事項

  4. kasegenaihito

    稼げない人の手帳に見る6つの特徴

  5. senryaku

    戦略とは捨てることと同義である

  6. 4:6

    金を活かす人=金を引寄せる人

おすすめ記事

  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
ページ上部へ戻る