menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. リスクテイクと自由
  2. 人生で捨てるべきもの
  3. 「褒める」ができない日本人
  4. 職に悩む40代
  5. 伸びない人が足りない2つのもの
  6. 残酷な資本主義のルール
  7. 自分の価値観を認識せよ
  8. 人が挑戦するために必要なもの
  9. 会社を辞めて後悔した人は1%
  10. 自分自身に希少性を備えよ
閉じる

江上治 Official Integrate

人生100年時代のセカンドチャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11:16

【江上治監修:RICH DIARY販売のお知らせ】
毎年好評の手帳「RICH DIARY」が
今年も販売決定!
11月下旬から販売開始予定です。
販売日が決まり次第、メルマガ、
HP等で注文方法をご案内いたします。

※10冊以上まとめ買いの方は
送料サービスとなりますので、
別途事務局宛にmailにてご注文ください。

===============
人生100年時代のセカンドチャレンジ
===============

いま退職金の使い道として
「会社を買う」という選択肢が
新たに加わった。

セカンドチャレンジとして
会社員時代のマネジメント
ノウハウを活かし、

買収した会社の価値を高め、
リタイアメントしたいと思った段階で売却し、
第二の退職金を得るというものだ。

これは退職後にかかわらず、
会社員の人でもぜひ挑戦して
欲しいと思う。

人生100時代の新たな資産運用、
資産構築となるだろう。

「買収」という選択肢は
かなりの時間とエネルギーの節約になる。

なぜなら
会社をゼロから立ち上げるのは
本当にエネルギーを要するものだ。

私も創業を経験したし、
私のメンター達はみな創業オーナーだが、

私のメンターのカリスマ性、
人間性の豊かさはもちろん、
その情熱やエネルギー量は半端ないし
その人生が本になるほど波乱な道を
歩んできている。

そのぐらいゼロからの創業は
大変という言葉では語り尽くせない
ぐらいものがある。

その点、会社を買収するというのは
ゼロからのスタートではない。

しかし同時に経営というのは
そうそう甘いモノではないことも
肝に命じて欲しい。

会社の経営は会社員時代の仕事量とは
比べ物にならないあり、必要になる
知識も幅広くなる。

もちろん、経営に加わらない方法も
あるが、経営を知らないでその世界に
飛び込むのはあまりにも危険すぎる。

こういう時こそ、
我々創業オーナーの経営ノウハウや
アドバイスが役に立てる時だと思う。

「会社を買収して、経営してみたい」
そんな気概のある人と
私は縁を築いていきたい。

===============================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
===============================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. IMG_0660

    人脈づくりを面で考えているか

  2. お金は人が運んでくることを知っているか

  3. 11:8

    アンチがいない、つまらない人

  4. 350

    350円で人生が変わる、年収1億円の伝え方

  5. 10:28g

    幸せに「働いて」欲しい

  6. 6: 18

    一生の相で今を判断する

おすすめ記事

  1. リスクテイクと自由
  2. 人生で捨てるべきもの
  3. 「褒める」ができない日本人
ページ上部へ戻る