menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 不公平だと叫ぶひと
  2. 億女レッスン|大赤字です
  3. チーム戦の時代
  4. 億女レッスン|登録御礼
  5. 億女レッスン|最強の2セット
  6. 「2ランク上の人と人脈ができません」
  7. 億女レッスン|胸をえぐられる
  8. 他者への貢献こそ、成長する
  9. 億女レッスン|ひとりでは絶対にできない
  10. 有用な情報を仕入れる方法
閉じる

江上治 Official Integrate

営業マンが確実で永続的な売上をあげ続ける唯一の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
facebook_catch

先日、美容室のフランチャイズを
成功させるのに黒字店を譲るという
戦略が成功に結び付いたとお話しました。

しかし、普通黒字の店が1店舗なくなれば
その分の利益が無くなり、借り入れも
難しくなるかもしれないと
経営者なら思うかもしれません。

しかし、
「与える人」は考え方が逆なのです。

店長にとっては、
自分が天塩にかけて黒字にした
店のオーナーになるのだから
愛着もモチベーションも違います。

もっと出店して黒字店を増やし
國分さんが自分にしたのと同じように
後輩に店を譲ろうとします。

結果的に豊かなロイヤリティ収入や
グループの団結力として、
アースホールディングスに
返ってくるのです。

「与える人」の成功は
時間がかかるが、
確実で永続的です。

目先の利害得失に惑わされない
という意味で、行動経済学で言う
時間割引率の低い人と言っていいでしょう。

また、与える人は
「彼は何をしてほしいのか
なぜ欲しいのか」
という相手の慮りが
行動の基準となります。
これが与える人の
強さの源泉になるのです。

与える人というのは
経営者だけでなく、
営業マンでも同じです。

あなたがもし、
確実で永続的な売り上げを
上げ続ける営業マンになりたいと
思うなら、「与える人」に
ならなければなりません。

与える人はファンを作ります。
それは今のSNSの時代に
大きな拡散力を発揮します。

そしてさらに
大きな成功へと結びつくのです。

とてつもなく稼ぐ人は
まず、相手が何をしてほしいか考え
それを与える事で、自分も成長し
より確実で永続的な成功を
手にしているのです。

=================================
保険営業・FPの方はここから下も
必ずご覧ください。
=================================

今回
「一番弟子募集」という
直球勝負の募集を今回
実施することにしました。

保険営業で
全国1位を4回獲得
総獲得保険料600億円を超える
実績を残すことができたのは
どうしてか?

ベストセラー著書を
世に出すことができたのは
なぜなのか?

そんな私の体験・経験、
ノウハウ、人脈も含めて
全てを一番弟子にお渡しします。

保険営業・FPとして
もっと成長したいという
成長意欲のある方が
このメールレッスンに登録している
はずですから、すでに
あなたには参加資格があります。

まずは江上の講演&説明会が開催されますので
4月24日・25日・27日のいずれかで
私に会いに来てください。

詳細はこちらをクリックして確認ください。
既に満席に近い会場もありますので
早めにお申込ください。
↓↓↓
http://treasure-ex.jp/L19369/b8096/11651

成長意欲のある頼もしいあなたに
お会いできるのを今から楽しみにしています。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 7:11

    幸せに年を重ねられる要因

  2. non

    「変化」に対する思考の違い

  3. とてつも

    とてつもなく稼ぐ人の「生き方」の作法

  4. 7:18

    あの人はセンスがいいから

  5. aitemo

    相手の弱みを見つけたら何をすべきか

  6. mennta

    「メンター」という言葉の本当の意味

おすすめ記事

  1. 不公平だと叫ぶひと
  2. 億女レッスン|大赤字です
  3. チーム戦の時代
ページ上部へ戻る