menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 悶々と悩むより自分に正直に生きろ
  2. ブランドとは研ぎすまされた ダイアモンドである
  3. 人も事業も分散投資をせよ
  4. 魔法を求めて講座へ来るな
  5. PDCAの前に「準備」を加えよ
  6. できる人は失敗しても自分の価値は下がらない
  7. 業界ににじみ出る老害
  8. 目的地を決める前に誰をバスに乗せるか
  9. 信頼関係が高まる力強いことば
  10. 自分の資質と課題を再定義せよ
閉じる

江上治 Official Integrate

目の前の小銭に飛びついていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
facebook_catch

「お金は人が運んでくる」
という原則を以前お伝えしましたが

「それでは具体的に、とてつもなく稼ぐ人が
どのように営業にその原則を反映させているのか」
という質問がありましたので
お答えしたいと思います。

儲けられない営業マンは
自分の目の前に営業ターゲットを
見つけると、何も考えずに
やみくもに攻勢をかけてしまいます。

後先を考えず
目の前のカネを取りに行く
という猪突猛進タイプです。

しかし、年収1億円を稼ぐ人は
いきなり営業攻勢をかけることは
しません。まずは、
そのターゲットの背後を観察し
じっくり全体像を把握するのです。

いい仕入れをするには
時間がかかることを分かっています。

誰が後ろに控えていて、
どういう人脈があるのか
有力者はいるのか。資産はどれくらいか
周囲の人に評価されているか
何のためにその仕事をしているのか

そのようなことを
徹底的にリサーチします。
相手の「思想」を見ると
言ってもいいかもしれません。

そうして、
その人脈全体でどれだけの
マーケットになるのか
あたりをつけます。
相当程度のマーケットが
期待できるとわかると、
ますます戦略的な行動に出ます。

まず、目の前にいるターゲット
には直接売り込みをかけません。
むしろ、人間関係を構築し
親しくなるための努力をします。
接待をしたり、有用な情報を
与えたり、利益となるような
ビジネスを斡旋したり、
あらゆる手を尽くすのです。

そうして信頼関係を
しっかり作ったうえで
このターゲットを媒介に
背後に控えるキーパーソンを
巻き込んで商売するのです。

当然、このターゲットは
もはや味方になっているのですから
積極的に自分の人脈を紹介してくれます。

そうやってごくごく自然に、
大きなビジネスが展開していく
ことになります。

大きなビジネスになれば
みんながその果実を手にすることが
出来るようになります。

とてつもなく稼ぐ人は
目の前の人から小銭を得ようと
強引に売り込みをかけるのではなく
その背後も巻き込み、みんなで
大きなビジネスにしていこうと
考えて分かち合うからこそ
ビジネスが大きくなるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 置かれた場所

    置かれた場所で咲くだけが自分の生き方なのか

  2. okyakusama

    お客様に「好き」になってもらう

  3. jibunyori

    自分よりレベルの高い人と付き合っているか

  4. とてつも

    とてつもなく稼ぐ人の「生き方」の作法

  5. menomaeno

    目の前の目標に向かってひたすら走る先に

  6. sorehana

    それは、あなたの発想でしょう?

おすすめ記事

  1. 悶々と悩むより自分に正直に生きろ
  2. ブランドとは研ぎすまされた ダイアモンドである
  3. 人も事業も分散投資をせよ
ページ上部へ戻る