menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 方法を知らない女性たち
  2. 稼ぐ人の武器はT字である
  3. 苦なく繰り返しができること
  4. 世界稀なる日本女性の貧困
  5. 根性で解決しようとするな
  6. 本人すら知らない「マネできない能力」
  7. 思考しない=望んでいない
  8. 全ての人にリーダーシップは必要
  9. 2019年、明と暗の日本の変化
  10. 想い+収支=強い経営者
閉じる

江上治 Official Integrate

与えられた仕事を愚直にやるということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
与えられた仕事

「20代のうちは、
時間を銀行に預けたつもりで働きなさい」

こう社員に教えるのは
アースホールディングスの國分社長です。

社員の美容師にも、まずは3年間、
正月以外は休みなしで働くことを
課しています。
これは、将来店長になる、リーダーになると
自ら意思表示をした人に課していますから
本人にもやらされているという感覚は
微塵もありません。

國分社長は、
20代で基礎的な能力やスキルを
集中的に身に着けるためには、
強制的に修行の環境を作る必要がある
と考えています。

開店の2時間前には店に出て
掃除や開店の準備をし
営業時間が終わってからも
チラシのポスティングをして回ったり
カットなどの技術を磨くため
練習をしたりします。

プライべートを犠牲にして働いた分
10年後、20年後には
大きな利息がついて
自分自身に返ってくると言います。

私も、新卒で損保会社に入社したときには
仕事の基本習得に徹底的に取り組みました。

半人前の私にできることは
フルコミッション(完全歩合給)で
働く営業マンたちのために
資料を作ることくらいでした。

しかし、その資料を作るために
勉強したことで、保険の仕組みや
商品に詳しくなり、結果的に
顧客の信頼と売上を獲得することが
できました。

このときの勉強は、
今の仕事に役立っています。

富裕層向けの節税対策をはじめ
オリジナルなプランを提案できるのも
徹底的に約款を読み込んだ経験が
あるからです。

はじめから自分の得意分野が何か
自覚している人はいません。

社会人になったばかりのころは
一人前にできることが何一つなくて
当たり前です。

だからこそ、
会社から与えられる仕事を
愚直にやることが大切なのです。

それが将来、自分にとっての
プロフェッショナルな領域に
なっていきます。

プロとしての専門性は
一朝一夕では身に付きません。

しかし集中して取り組んだ体験と
地道な継続により、
誰にでも獲得が可能なものなのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. techo

    2017年の稼ぎを変える1日「年収1億円手帳1Dayセミナー20…

  2. バスから

    バスから降りてもらう決断ができるか

  3. 3:2

    仲間こそ成功のキーだ

  4. 1:31

    その痛みはあなたの味方だ

  5. yokoduna

    横綱になれ

  6. IMG_0883

    思考と行動を変え、運命を変えた女性の話

おすすめ記事

  1. 方法を知らない女性たち
  2. 稼ぐ人の武器はT字である
  3. 苦なく繰り返しができること
ページ上部へ戻る