menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の成功者を見分けろ
  2. 行動できない理由
  3. 自分の最期を想定する
  4. その努力は思考停止していないか?
  5. エネルギーを自分の未来に集中しろ
  6. 脳内に「勝ちぐせ」をつける
  7. 人はコントロールしようと 思うほど離れていく
  8. 真似るべきは「思考」だ
  9. まぐれでも成功する、問題はそれからだ
  10. 私の講座に訪れる人の特徴
閉じる

江上治 Official Integrate

権威あるもの、数少ないものに人は魅了される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
権威あるもの

9月江上治登壇セミナー募集開始!
最短距離で年収1億円思考を身につける
1dayセミナー

年収1億円以上ある人たちは
稼ぎ方はもちろん人それぞれですが、
全員が共通点を持っています。

今回の1Dayセミナーでは
最短距離で年収1億円思考を
身に着けていただきます。

8月はすでに満席となり、
9月のセミナーが募集開始となりました。
お申込みは以下のリンクよりお願いします。
2017年9月21日(木)19時~21時@東京23区

http://integr.jp/onedayseminar/  

======================================
権威あるもの、数少ないものに人は魅了される
======================================

チャルディーニの「影響力の武器」
について、少し学んでいます。

今日は、
他の力を利用して相手を動かす心理
のうち「権威」と「希少性」の利用
についてお話ししましょう。

◆権威を利用する

権威ある人には、盲目的に従ってしまう。
そんな人は少なくありません。

肩書の力というやつです。

権威ある人が発言すると、
それだけで物事が動きます。

例えば、東京大学教授である医師が
「これが痩せる方法です」といえば
それだけで商品が売れるのです。

反対に、権威の力を
うまく利用できなかったがために
力ある政治家や優秀な起業家が
潰されたり、干されたりすることも
あります。

権威を敵に回せば潰され
味方にすれば、それは追い風となり
少ない力で遠くまで行けるのです。

営業マンやセミナー講師として
成功したいなら、
この権威を利用しない手はありません。

新しい市場で戦う場合は、
その市場のトップの人たちと手を組み
その人たちの実績を借りればよいのです。

◆希少性も活用する

希少である、というだけで
人間は価値を感じてしまうものです。

例えば私のクライアント経営者が
海外で建設するタワーマンション。

資産価値が4倍以上になることが
目に見えている物件なのですが、

これは、絶対に他では買えない
投資物件で、100件限定だと
強調しました。

これだけで希少価値が高まり
すぐに売れてしまいました。

商品が魅力的だから、と
それで安心してはいけません。

「限定●名様」「今月限り」など
そこに希少性を付けるのを
忘れないでください。

それだけで、
人の心は動いてしまうのです。

世の中には
「こんな商品があります」
「こんなお得なサービスがあります」

と自分が伝えたいことを
伝えているだけで、

相手にとって全く価値がないことばかりを
いつも話すしつこい営業マンがいます。

それでは、希少性など感じられず
ましてや権威があるはずもありません。

心が動かないから売れないのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. daikyuukai

    Podcast『年収1億円の伝え方』シリーズ 第9回公開しました…

  2. suuchi

    数値で考え、数値で戦略を立てる

  3. ただ漫然と

    ただ漫然と、本を読んでいないか

  4. 11:7

    私の講座に訪れる人の特徴

  5. 営業人生の目的

    営業人生の目的を持つこと

  6. 9.25

    判断基準はロマンから

おすすめ記事

  1. 一流の成功者を見分けろ
  2. 行動できない理由
  3. 自分の最期を想定する
ページ上部へ戻る