menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の成功者を見分けろ
  2. 行動できない理由
  3. 自分の最期を想定する
  4. その努力は思考停止していないか?
  5. エネルギーを自分の未来に集中しろ
  6. 脳内に「勝ちぐせ」をつける
  7. 人はコントロールしようと 思うほど離れていく
  8. 真似るべきは「思考」だ
  9. まぐれでも成功する、問題はそれからだ
  10. 私の講座に訪れる人の特徴
閉じる

江上治 Official Integrate

あなたのこだわりは今すぐ捨てなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
anatanokodawari

9月江上治登壇セミナー募集開始!
最短距離で年収1億円思考を身につける
1dayセミナー

年収1億円以上ある人たちは
稼ぎ方はもちろん人それぞれですが、
全員が共通点を持っています。

今回の1Dayセミナーでは
最短距離で年収1億円思考を
身に着けていただきます。

8月はすでに満席となり、
9月のセミナーが募集開始となりました。
お申込みは以下のリンクよりお願いします。
2017年9月21日(木)19時~21時@東京23区

http://integr.jp/onedayseminar/

================================
あなたのこだわりは今すぐ捨てなさい
================================

あなたは世界的名著
「影響力の武器」を読んだことがありますか?

「人を動かす」などの著作を持つ
ロバート・チャルディーニの本です。
ビジネスマン必読の書と
言っても過言ではないでしょう。

この本は、分厚く少し難しいので
敬遠してしまい読まない人が多いですが、

そういう人は、好き嫌いや
大変そうかどうかだけで、
物事を判断しているようです。

しかし、自分より圧倒的に
結果を出している人が言うことは
すべて飲み込むくらいでないと、
人生は変わりません。

自分の考えを全部捨てるくらいで、
ちょうどよいのです。

例えばいま、
1000万円しか稼いでいない人が、
年収3000万円を目指すなら、
考え方もやり方も、
全部変えるくらいでなければ
実現は難しいと思った方がいい。

「影響力の武器」とは、
人間の6つの行動心理について
書かれた本です。

夏休みがまだまだ続く人は、
ぜひ読んでみてください。

今日は、この本にある
人間の普遍的な3つの心理
について少しご紹介しましょう。

1つ目は「返報性の法則」です。

価値あることを
先に相手に提供すれば、
相手はあなたに恩を返したくなる
という性質が人間には備わっています。

先に、良いことをしてあげましょう。

2つ目は「コミットメントと一貫性」

人は、自分からコミットメント(決断)
したことを保とうとする性質があります。

お客様も然り。
自分で下した決断を自ら変えたりしません。

だから、あなたが営業マンなら
お客様に価値あることを提供したのちには
約束してもらうよう仕向けなくては
意味がありません。

3つ目は「好意を示す」こと。

相手に好意を示すことで、
相手も自分に好意を持つようになります。

目の前の人に「好きです」
「尊敬しています」と言い続ければ
きっと違う展開が見られます。

ただし、自分が好きになってほしい人を
目利きして選ぶ必要はあります。

さあ、難しくないでしょう!
こだわりは捨てて、
きょうから実践してください。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 9.29

    隠したい体験は積極的に話せ

  2. 11:7

    私の講座に訪れる人の特徴

  3. kokoronokeitai

    心の携帯電話を捨てることが出来るか

  4. 常に最新の戦略地図

    常に最新の戦略地図を持っているか

  5. gaiken

    外見の影響力を甘く見ていないか

  6. 権威あるもの

    権威あるもの、数少ないものに人は魅了される

おすすめ記事

  1. 一流の成功者を見分けろ
  2. 行動できない理由
  3. 自分の最期を想定する
ページ上部へ戻る