menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. オンナは「億」の資産を持て
  2. 自分の葬式を想像すると…
  3. 目標を達成する、成功者の思考
  4. 50代からの人生に大局観
  5. 経営は成長養成ギブス
  6. 仕事を創造すればAIは手が出せない
  7. 人生も仕事も最高の準備で
  8. これからの「備え」
  9. アスリートのように生きろ
  10. 歩みをとめてはいけない
閉じる

江上治 Official Integrate

修羅場こそが自己肯定のチャンスである

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shurabakoso

9月江上治登壇セミナー募集開始!
最短距離で年収1億円思考を身につける
1dayセミナー

年収1億円以上ある人たちは
稼ぎ方はもちろん人それぞれですが、
全員が共通点を持っています。
それが、、、

「年収1億円稼ぐ“方程式”
を持っている」ということです。

知れば、
そんなこと当たりまえじゃないか
と思うかもしれないこの方程式に
年収1億円思考の本当の意味が
隠されているのです。

今回の1Dayセミナーでは
最短距離で年収1億円思考を
身に着けていただきます。

9月のセミナー募集開始となりました。
お申込みは以下のリンクよりお願いします。
2017年9月21日(木)19時~21時@東京23区

http://integr.jp/onedayseminar/

======================================
修羅場こそが自己肯定のチャンスである
======================================

一流の会話術を会得したいなら
まずはその土台として
自分を肯定する力が必要です。

「自分は絶対に
 お客さんにとって必要な存在だ」

と自分を肯定する力が必要です。

自分自身に
そう思い込ませることが
できなければ、
負けは見えています。

では、自分を肯定する力を
どのようにつけるのでしょうか。

その答えは「乗り越えた経験」が
あるかどうかです。

あなたには、ピンチやどん底から
這い上がった経験がありますか?

心の奥底で、
できれば挑戦することなく
安全に成功したいと
考えてはいませんか?

そのように考えていては
あなたの根は一生育つことなく
美しい花を咲かせることも
ないでしょう。

数千人の美容師を率い
数百店舗の美容室を作り上げた
アースホールディングスの
カリスマ経営者・國分社長が
フランチャイズオーナーに
なりたい人だけを集めた
合宿があります。

ここで何をするのかというと
一人の店長を数十人で囲んで
全否定するのです。

その全てが正論で、
的を射ているだけに、
言われる者はとことん辛い。

まさに地獄のような体験です。

が、ここを乗り越え、
変われるかどうかを試されるのです。

フランチャイズオーナーに
なるために必要なこと一つひとつが
できているかを問い正されます。

ビラを2000万枚配る、
カット売上300万円など、
一つでもできていないと、
そこを皮切りに数十人の
フランチャイズオーナーからの
全否定が始まります。

ただし、國分社長の
これらの行為の根底には、
店長への深い愛情が流れています。

それ以外の時間は、
共にサーフィンをしたり
野球をしたりと全力で遊びます。

楽しいことと厳しいことを
両方やる合宿なのです。

この合宿を乗り越えて
店長たちは、
大きく羽ばたいていくのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 時間

    時間は誰でも平等だと思っていないか

  2. 5:7

    ビジネスで最も影響力のある武器

  3. ただのかも

    セミナーに参加してるだけなら、ただのカモだ!

  4. 2:2

    「バランス」を金で保つな

  5. mennta

    「メンター」という言葉の本当の意味

  6. 12:7

    違いの孤独を耐え抜け

おすすめ記事

  1. オンナは「億」の資産を持て
  2. 自分の葬式を想像すると…
  3. 目標を達成する、成功者の思考
ページ上部へ戻る