menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 父の死がなかったら
  2. 勘違いなファンづくり
  3. 全ては目的のために金を使え
  4. 集客が上手くいかない人
  5. 未来とお金の不安を払拭する方法
  6. 好きなら思い切って突っ込め!
  7. お金に背をむけるな
  8. 老後に1億作ろうとする人の末路
  9. 労働なき富は大罪である
  10. 出版セミナーの早割は本日まで
閉じる

江上治 Official Integrate

相手の「大義」を理解しているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aiteno

「ビジネスには大義が必要だ」

創業から十余年という短期間で
年商200億円の健康飲料会社を
つくりあげたK社長が、
そう教えてくれました。

ビジネスの大義とは、
仕事をするうえでの志や使命です。

どんな人の、
どんな役に立ちたいのか、
どのように社会に貢献したいか。

食品会社であれば、
「生活者へ健康な食事を提供する」

インフラを手掛ける会社なら
「子供たちによい街を残す」
といったことです。

大義を見失い、
利益ばかりを追求すれば
うまくいかなくなります。

金儲けに走り
創業時の志とはかけ離れた
事業を始めたり、
道楽にのめり込んで、
道を踏み外したりする人もいます。

大義とは、
ビジネスの方向性を定める
舵のようなもの。

もちろん、儲けは必要です。
利益が出なければ、
事業を継続することも、
志や使命を果たすことも
できなくなるでしょう。

大義と利益は、
車の両輪のようなものです。

そして
自分に大義があるように
相手にも大義があります。

ビジネスにおいては
相手の大義を理解し、
立てることも大切です。

例えば、ある経営者に対し
節税対策をアドバイスする。

「この方法を使えば、
2000万円の節税になります」

これだけ聞くと、
経営者が節税によって
私腹を肥やそうとしている
と受け取ることもできます。

しかし、経営者が
自分の資産を盤石にするのは
万一のときに会社と従業員を
守るという大義によります。

中小企業の経営者は、
銀行から会社の運転資金を
借り入れる際、
連帯保証人になっています。
だから、自身の個人資産を
積み上げておく必要があります。

「社長が節税するのは
会社と従業員を守るためであると
承知しています。私にぜひ
そのお手伝いをさせてください」

相手の大義を理解していれば
相手は気持ちよくあなたの話に
耳を傾けてくれるでしょう。

ビジネスにおいて、
儲けの話は大事です。

一方で、お互いの大義を理解し
信頼関係を築いていくことで、
そのビジネスが継続的なものに
発展する可能性が高くなるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. わずか6ヶ月で給料の5倍稼ぐ社員を育てた 3つのポイントを真似す…

  2. facebook_catch

    あなたならミカン箱の上に立って何を宣言するか

  3. nenshuichi

    年収1億円には100人の協力者が要る

  4. 11:8

    アンチがいない、つまらない人

  5. お金と時間を何に使っているか

    お金と時間を何に使っているか

  6. face book standard のコピー 3

    つきあう相手の基準を絞る

おすすめ記事

  1. 父の死がなかったら
  2. 勘違いなファンづくり
  3. 全ては目的のために金を使え
ページ上部へ戻る