menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. オンリーワンの前提条件
  2. 自分で人生の可能性を摘み取るな
  3. 無意識にプレッシャーを作っていないか?
  4. 人の中身を変えるたった一つのこと
  5. 強い導入力と変換力の影にあるもの
  6. 嫌われて信用をつくれ
  7. あなたは財産、ところで何ができるの?
  8. 営業もマーケティングもしないFP
  9. 私が笠井に勝てないこと
  10. 自己ブランディングは必要か?
閉じる

江上治 Official Integrate

バカになりきれているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
baka

最短距離で年収1億円思考を身につける
1dayセミナー

年収1億円以上ある人たちは
稼ぎ方はもちろん人それぞれですが、
全員が共通点を持っています。
それが、、、

「年収1億円稼ぐ“方程式”
を持っている」ということです。

知れば、
そんなこと当たりまえじゃないか
と思うかもしれないこの方程式に
年収1億円思考の本当の意味が
隠されているのです。

今回の1Dayセミナーでは
最短距離で年収1億円思考を
身に着けていただきます。

定員に限りがあります。
以下のリンクよりお早目にお申込みください。

http://integr.jp/onedayseminar/

=====================
バカになりきれているか
=====================

昨日の話の続きをしましょう。

成功者や実力者に可愛がられるには
どうすればいいか。

バカになりきることです。

九州で健康飲料会社を経営する
K社長は、地元の財界人たちから
とても可愛がられています。

あるとき、彼らが集まる会合で
K社長はおしろいを塗って女装し、
歌舞伎を演じる余興を披露しました。

それを見て私は、K社長に
なぜそんなバカをするのか尋ねました。

返ってきた答えは
「相手に喜んでもらえるだろう?」

自分のためにバカをやる人間をみて
悪い気のする人はいません。
自分のことを喜ばせようという
心遣いを感じるからです。

「おもしろいやつだ」と気に入られ
仲間に加えてもらえることもあります。
貴重な情報を教えてもらったり
有力な支援者を紹介してもらえる
こともあります。

この「バカをやる」とは
おべっかを使ったり、
ゴマをすって相手に取り入ることとは
違います。

そのような打算は
成功している実力者なら見抜きます。

そうではなく、
バカになりきることが必要なのです。

それには、
相手のことを好きになることです。
そして相手を喜ばせることに
没頭してください。

また、余計なプライドを捨てることも
大切です。

私は次のような自己紹介をしていました。
「大手の損保会社に入社したのですが
周りは東京の有名大学出身者がほとんど。
私は地方大学出身なので、人事部長から
『お前が一番バカだ』と言われました。
だから実績を上げよう、
営業で一番を取ろうと決めたんです」

こうすることで「あんたも大変だね」
と心を開いてもらえました。

成功者は、だれかと話したくて
うずうずしているものです。

もし、顧客企業の役員クラスの人と
話す機会があれば、
話し相手になるといいでしょう。

それによって多くの学びが
得られるでしょう。

成功者というのは基本的に
話したがりで教えたがりです。

不要な反感を買って、
成功者から直接話を聞き、教えを請う
機会を失うのはもったいない。

先達の教えを請うという
率直な気持ちで臨めば、
きっと可愛がってもらえるでしょう。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 12:19

    どんな人間になりたいかイメージせよ

  2. nazewatashiga

    なぜ私が講座を開催しているのか

  3. 18120275_1070601896408191_404325039_o

    本番に弱い原因はたった一つ

  4. IMG_20170711_122507

    何でも人のせいにしていないか

  5. jikanwari

    時間割を自分で作っているか

  6. 人としての徳

    人としての徳を積む、それが営業

おすすめ記事

  1. オンリーワンの前提条件
  2. 自分で人生の可能性を摘み取るな
  3. 無意識にプレッシャーを作っていないか?
ページ上部へ戻る