menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
  4. それを疑い、確かめよ
  5. 多動力に必要な自分の最重要事項
  6. サラリーマンと貧困層
  7. 65歳以上の働く理由
  8. あなたが投資で描く未来は何だ?
  9. 自分より大切なものがある人
  10. 軸はどこへいった?
閉じる

江上治 Official Integrate

サンクコストの罠に嵌っていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sankcost

ある事業の業績が芳しくない。
失敗という結果が目に見えている。
撤退したほうが良い。

それが分かっていても、
決断ができないことがあります。

捨てる選択が賢いと分かっているのに
投下した費用をムダにするのが惜しい
という気持ちが働くのです。

これを「サンクコストの罠」
と言います。

捨てるべきものを持ち続けて
損を出し続けるほうが
よほどムダだと気付いてください。

ムダな時間や努力を費やすよりも
自分が本当にやりたいことを思い出し
「捨てる勇気」を持ってください。

自分のやりたいことを思い出したら
むやみに手を広げてはいけません。

できるだけ、やりたいことに
時間を集中させるべきです。

私の周りには
本を読む時間を確保するために
テレビを捨てた人がいます。

著名な経営者で、
自らの事業に集中するため
酒の付き合いだけでなく
酒を飲むこと自体をやめた
人もいます。

私の場合は
家族との時間を捨てました。
結婚してから一度も
自宅で夕食を食べたことがありません。

仕事の時間も家族との時間も
大事にしたいと
中途半端に欲張るのはよくない。

どちらも大事にしたいというのは
別の言い方をすれば、
どちらも中途半端で
どちらも大事にできない
ということにもなります。

何かを得るには、
何かを捨てる必要がある。

限りある時間とエネルギーを
集中させるために
「やらないこと」を決めるのも
重要なのです。

古いものを捨てれば
新しいものが入ってきます。
捨てなければ新しいものは
入っては来ません。

成功している経営者ほど
何を残し、何を捨てるか
徹底しています。

「戦略」とはすなわち
もてる経営資源をいかに配分するか
そのさじ加減のことだからです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 6:25

    職人でなく商売気質であれ

  2. 稼ぐ人の時間とお金

    稼ぐ人の時間とお金の使い方

  3. 3:20

    人は「優秀さ」ではなく●●に魅かれる

  4. 8:10

    サラリーマンと貧困層

  5. machigattamokuteki

    間違った目的を持っていないか

  6. 5:31

    リスクの低い確実な投資先

おすすめ記事

  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
ページ上部へ戻る