menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

創業オーナーは毎日が決算日と心得よ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sogyo

6月22日 残席が少なくなってきました!
第3期「リアルメンタープロジェクト」
説明会開催

年収1億円を超えるメンターたちが
あなたを最速のスピードで、
常識を超えた成長へと導く
プロジェクト。

これからの時代をつくる一流経営者の
ゲスト講師で、あなたのビジネスを
飛躍させていくことをお約束いたします。

6月22日の説明会へのお申込み
講師陣、講座内容はこちらから

http://realmentor3.strikingly.com/

====================================
創業オーナーは毎日が決算日と心得よ
====================================

お金持ちになるには
人生の「目的」が必要であることは
何度もお伝えしてきました。

目的を達成するためには
「理由・動機」
「期限」
「方法」
「継続・習慣化」
が必要だということも
よくお話しています。

なかでも重要なのは、
「期限」をはじめに定めること。

くれぐれも、手段や方法から
入らないでください。
あれができない、この方法はどうだ
と理屈をこね始めると、
いつまでたっても
目標は達成できません。

それより、「いつまでにやる」
と期限を切ることで、知恵は
おのずと湧いてくるでしょう。
手段・方法もわかってきます。

私たちは、追い込まれると
結構、いろいろな力を出すものなのです。

その期限は、中小零細企業、
あるいは個人の営業マンならば
短期で考えることが基本です。
長くても1年単位です。

大企業なら中長期の計画を立て
年間計画に落とし込む余裕がありますが
中小零細企業、個人には
そんな余裕はありません。

創業オーナーは、
毎日が決算日なのです。

体裁などにかまっていることは
ありません。

この1年をどのように確実に
できるだけ多く、稼いでいくか。
ロードマップに整理しましょう。

年間のロードマップができたら
3カ月ごとの行動計画をつくります。

3カ月の到達目標をクリアするために
毎月どのように行動するか、
さらに週間ではどうか、
今日・明日はどうか。

細部に行けばいくほど
年間の「目的」や各目標が
重要になります。

年間の大枠の中で、現在の行動は
どのような位置づけにあるか、
今週の、今日の行動は
「目的」とどのような関わりを
持つか、常に意識してください。

出来上がったロードマップは
手帳の初めの、よく目立つ位置に
張り付けておくとよいでしょう。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. jibunga

    自分がやらなければと考えすぎていないか

  2. kaseguhito

    稼ぐ人と稼げない人の手帳観の違いとは

  3. aumae

    会う前に仕込みの時間をとっているか

  4. プロフィールに石と

    プロフィールに「意志」と「志向」が入っているか

  5. kokoronokeitai

    心の携帯電話を捨てることが出来るか

  6. 稼げる人が持つ4つのポイント

    稼げる人が持つ4つのポイント

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る