menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

「聴く力」が人間関係資本の源泉である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kikuchikara

6月22日 残席が少なくなってきました!
第3期「リアルメンタープロジェクト」
説明会開催

年収1億円を超えるメンターたちが
あなたを最速のスピードで、
常識を超えた成長へと導く
プロジェクト。

これからの時代をつくる一流経営者の
ゲスト講師で、あなたのビジネスを
飛躍させていくことをお約束いたします。

6月22日の説明会へのお申込み
講師陣、講座内容はこちらから
http://realmentor3.strikingly.com/

==================================
「聴く力」が人間関係資本の源泉である
==================================

人生を支える資本には、
3種類あります。

・自分資本
・お金資本
・人間関係資本

です。

「自分資本」とは
自分が持っている能力であり
人間力。

「お金資本」とは
文字通り、お金です。

「人間関係資本」は
身近な人たちとの協力関係、
助け合いです。

この人間関係資本を増やすのに
欠かせないのが
コミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力とは

 聴く力 × 伝達の手段 × 解決策の提示 
 
この3つの条件が、
掛け算で関係しあっていないと
特にお客様との関係で
成果を出すことはできません。

掛け算ですから、
1つでも「0」であれば
コミュニケーションもゼロです。

この中で「聴く力」、
すなわちヒアリング力を
まずは鍛えなければなりません。

では、何を聴くのか?

お客様の求めていることです。
お客様が、夜も眠れないほど
困っていること、
なんとか解決したいと
日々悩んでいることです。

とかく営業マンは
「売り込み」をしてしまいがちです。

相手のニーズを聴くより先に
自分の必要性を押し付けていないでしょうか。

私が営業の世界で駆け出しのころ
上司はこういいました。

「お前には今は何もできないだろうから
お客様の抱えている問題を聴いてこい。
解決策は、自分が教えてやる」

それで、私は御用聞きに徹することに
したのです。

お客様が困っていること
悩んでいること、必要なこと
してほしいことだけを
1年間、聴き続けました。

そうすることで、
お客様が何に悩んでいるかが分かり
上司も何を解決すべきかが明確となり
大きな成果を得ることが出来たのです。

コミュニケーション能力とは
いつも「ヒアリング」から始まります。

それが、人間関係資本の源泉となるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 超一流

    「超一流」の生き方の源流

  2. お金は人が運んでくることを知っているか

  3. jibnyorituyoihito

    自分より強い人を勝たせているか

  4. tanin

    他人は変えられないことを知っているか

  5. 目標をたっせい

    目標を達成する方法を理解しているか

  6. 今日と明日には

    今日と明日には切れ目がないことを知っているか

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る