menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

自分を理解してもらうことが、最強の営業の武器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jibun

6月22日 残席が少なくなってきました!
第3期「リアルメンタープロジェクト」
説明会開催

年収1億円を超えるメンターたちが
あなたを最速のスピードで、
常識を超えた成長へと導く
プロジェクト。

これからの時代をつくる一流経営者の
ゲスト講師で、あなたのビジネスを
飛躍させていくことをお約束いたします。

6月22日の説明会へのお申込み
講師陣、講座内容はこちらから

http://realmentor3.strikingly.com/

==================================
自分を理解してもらうことが、最強の営業の武器
==================================

営業マンにとっての
必須技術があります。

これは、ぜひ会得してください。

それは、お客様に
心を開いていただくための技術です。

お客様が心を開き、
あなたに気を許せば、
商談はほとんど実ったも同然。

ではお客様は、
どのような状態のといに
あなたに心を開くのでしょうか。

それは、
あなたという人間を理解したときです。

想像してください。
あなた自身、
どんな人間かわからない人に
自分の悩みやこれからしたいこと
欲しいもの、人生の計画を
ペラペラと喋りますか?

つまり、営業マンの必須技術とは
「自己開示」です。

あなたという人間を
知っていただきましょう。

「自分は何者か」
「どんな人生を生きたいのか」
「どんな使命感を持っているか」
「誰のために、何のために生きているか」

こうしたことを、しかり伝えることが
お客様の心を開く鍵となります。

私の場合ですと、
ファイナンシャル・プランナーに
なったのも、お客様の人生計画の
お役に立ちたいと考えたのも
すべては父の死と関係する、と
わかりやすくお話ししています。

そうすると、私が
経営者を元気にするために
この道を選んだのだということが
無理なく伝わり、
お客様も心を開いて、こちらの話を
聞いてくれるようになります。

あなたのことがお客様に理解され
とりわけその真摯な生き方が伝われば
お客様は、あなたと対峙する
緊張感を解くことができます。
あなたの言い分を無理なく聞けます。

このとき、あなたのトークは
もはや「説得」ではなく、
極めて自然なプレゼンとなり、
コミュニケーションとなります。

営業マンにとって、
自分を理解してもらうほど、
強力な営業の武器はありません。

コミュニケーションのすべては
ここに収れんするのです。

自分を知ってもらうトレーニングを
欠かさず、積み重ねていきましょう。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. shugo

    主語が私ばかりになっていないか

  2. jikosenno

    自己洗脳のススメ

  3. aite

    相手が決めたルールの「本質」を理解しているか

  4. yoku

    欲のコントロールが出来ているか

  5. jikan

    時間は誰にでも平等だと勘違いしていないか

  6. sonomiryoku ha

    その魅力は会社のものかあなたのものか

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る