menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
  4. それを疑い、確かめよ
  5. 多動力に必要な自分の最重要事項
  6. サラリーマンと貧困層
  7. 65歳以上の働く理由
  8. あなたが投資で描く未来は何だ?
  9. 自分より大切なものがある人
  10. 軸はどこへいった?
閉じる

江上治 Official Integrate

数値で考え、数値で戦略を立てる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
suuchi

6月22日
第3期「リアルメンタープロジェクト」
説明会開催

年収1億円を超えるメンターたちが
あなたを最速のスピードで、
常識を超えた成長へと導く
プロジェクト。

これからの時代をつくる一流経営者の
ゲスト講師で、あなたのビジネスを
飛躍させていくことをお約束いたします。

6月22日の説明会へのお申込み
講師陣、講座内容はこちらから

http://realmentor3.strikingly.com/

=============================
数値で考え、数値で戦略を立てる
=============================

例えば去年の売上は500万円でした。
今年はそれを6倍の3000万円に
増やしたいとします。

去年はお客様が10人、
平均単価が50万円でした。
1人1回の購入でした。

単純に考えれば、
お客様の数を60人にするか
1人当たり単価を500万円にするか
購入回数を1人6回にするか
いずれかを6倍にしなければなりません。

これが戦略です。

お客様の数を6倍にするには、
見込み客をたくさん作る
ネットを活用する、紹介で増やす、
などの手段を考えなくてはなりません。

単価を6倍にしたければ、
商品とターゲットを再考する必要があります。
500万円の商品となると、
金融商品や不動産など、限定的であり
顧客ターゲットも変わります。

1人当たりの購入回数を6倍にするなら
マーケティングが必要になります。
1回きりではなく、何回も買う、
定期的に買わなくてはならない商品になります。

どれを取るかによって、
戦略、商売のやり方が全く異なりますが
このように、
商売の戦略を立てるときに
数字でモノを考えていくことが
非常に大事なのです。

うまくいっていない人は
物事をぼんやり考えています。
具体的に考えていないので、
戦略を立てることもできません。

ここから治療する必要があります。

数字でモノを考える「数値思考」は
ビジネスで必須の能力です。

感情で物事を判断してはいけません。
すべては「数字」で考えるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 相手の悩み以上

    相手の悩みを相手以上に理解しているか

  2. わずか6ヶ月で給料の5倍稼ぐ社員を育てた 3つのポイントを真似す…

  3. seikousha

    成功者から応援される人の条件とは

  4. fukakachinotakai

    付加価値の高い自分資本をつくるには

  5. facebook_catch

    営業マンが確実で永続的な売上をあげ続ける唯一の方法

  6. 5:18

    変化を楽しめ

おすすめ記事

  1. あなたは誰かの「自慢の人」か?
  2. 自分と向き合うことを習慣化する
  3. あなたにとっての「自由の手綱」
ページ上部へ戻る