menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 揺らぎやとらわれをなくせ
  2. 成功までの過程は実に地味
  3. 知識の種に水をまけ
  4. ストレスなく成長するスキル
  5. アンチが怖いのはブレているから
  6. アンチがいない、つまらない人
  7. では●●でいいのですね?
  8. 最短でなりたい自分になれる方法
  9. 助言されやすい「スキル」
  10. 単純労働者は地獄を見る
閉じる

江上治 Official Integrate

目標を掲げ達成していくことの果てに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0893

いよいよ今週6月2日(金)
江上治が札幌で登壇します!
残席あとわずか、お申込み希望の方は
お急ぎください!

江上治の受講生でもあり、
『運命転換思考』にもエピソードが
収録されている、年収も億を超える
末岡社長とのコラボセミナーが開催されます。

セミナータイトルは

「運を好転させ
幸福な変身をする方法」

6月2日北海道札幌にて開催されますので
江上と末岡社長の話をぜひ聞きに来てください

https://goo.gl/wtxjmc

=================================
目標を掲げ達成していくことの果てに
=================================

朝4時に出社して独りでロープレなどの
セールスの練習をし、
新規開拓に的を絞ってからは
上司の応援もあって
支店1位の成績を上げることができました。

そのときに

「トップになったのは
君が熊本出身だからだ」

と別の課の課長がケチをつけました。

地元だから有利といういいがかりです。

で、売り言葉に買い言葉で
「それなら、次は全国1位になりましょう。
全国一なら地元は関係ありませんね」

私は大見得を切ってしまいました。

この大きな目標も
銀行副頭取の応援でクリアすることが
出来ました。

この話を聞くと
江上さんは輝かしいサラリーマン生活を
送られたのですねと言われることがありますが
実はそうではありませんでした。

正直に言えば
毎日、苦しい、死にたい、会社を辞めたい
と、そればかり思って生きていました。

締切の月末が近づくにつれて
その気持ちは大きくなっていました。

日常生活は変わらず
ひたすら目標という赤い布に向かって
突進する「闘牛」のようなスタイル。

くる日もくる日も、目標の数字だけを
追いかけています。

目の前にあるのは乾いた赤い布
非情な「数字」のみです。

サラリーマンから独立したころの
私の姿をよく知っている人間がいますが
その人が、

「あのころは肩を落として歩いていた。
10年近く前だけど、いまより老けていた」

というほどです。

なぜか。

それが、目標だけが目の前にある生活の
実相だからです。

目標を掲げ達成していくことは重要ですが
それだけの生活は際限のない
蟻地獄に足を踏み入れたのと同じです。

そして、この病根を一発でえぐり出し
別の生き方を指示してくれたのが
一人のメンターでした。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 11:27

    すべては強みを知ってから

  2. 11:9

    アンチが怖いのはブレているから

  3. shugogawatashi

    主語が私になっていないか

  4. 4:17

    オリジナリティと潜在的ニーズを探れ

  5. 2:27

    生き方を知らないと奴隷になる

  6. 8:6

    軸はどこへいった?

おすすめ記事

  1. 揺らぎやとらわれをなくせ
  2. 成功までの過程は実に地味
  3. 知識の種に水をまけ
ページ上部へ戻る