menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. いい人になる必要など、ない。
  2. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  3. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  4. お金の匂いのする人間、しない人間
  5. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  6. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  7. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
  8. 時間をブロックし「過去」と向き合う
  9. 創業オーナーは毎日が決算日と心得よ
  10. 「聴く力」が人間関係資本の源泉である
閉じる

江上治 Official Integrate

遅咲きの人がなぜ最後には成功するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0828

メンターの言葉を書き留める習慣を持って
成功した一人が、元ヤクルトの
宮本慎也さんです。

野村克也監督と『子弟』(講談社)
という本を出しています。

宮本さんはもともとバッティングよりも
守備の人として入団したのですが
野村監督がいった言葉を逐一、
ノートに書き記して、ひとつひとつ
実行してきました。

それで、2000本安打の記録を作ったのです。

宮本さんにとって
野村監督はプロ野球の門をたたいてからの
4年間、薫陶を受けたメンターです。

「野村監督から教えてもらったのは
野球のセオリーではなく、
人間のセオリーだ」

このように言っていますが
彼は野村監督のミーティングでの
一言一言をノートに書きつけました。

その習慣の中で
野球の技術を身に着けていったのです。

宮本さんもそうですが
天才肌の人よりも、
遅咲きの人のほうが結局は
成功しているように思います。

遅咲きの人は、何かを吸収しようという
意欲が強いうえに

自分の運命を、未来を変えようと
必死に努力を重ねるからでしょう。

その目的に向かって
良い習慣を身に着けます。

反対に、すぐにできる人は油断します。
結果的に悪い習慣を
身に着けてしまいがちです。

だから、自分は天才ではないと
嘆く必要はまったくないのです。

むしろ、名もない草木が
力いっぱい太陽に向かって
伸びていくように、
良い習慣の波に乗りながら
どこまでも努力していくべきだと思います。

アメリカの女性教育家
マーヴァ・コリンズはこのように言います。

「卓越した能力は、行動の結果ではなく
習慣の結果です

あなたがもっとも頻繁に行うことこそ
もっとも上手になれることなのです。」

慢心しがちな私たちは
常にこの気持ちを持って
努力し続ける姿勢が重要なのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. sonohito

    その人はなぜ運命を変えられたのか

  2. お金は人が運んでくる

    お金は人が運んでくることを知っているか

  3. facebook_catch

    生き残る税理士に必要な「稼ぎ力」の本質とは

  4. okanehafuroufushi

    お金は不老不死。だから格差ができる

  5. jikanwari

    時間割を自分で作っているか

  6. 強み

    強みをシェアして稼ぐということ

おすすめ記事

  1. いい人になる必要など、ない。
  2. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  3. 答えはYESかNOか、どちらかだ
ページ上部へ戻る