menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 金持ち脳と貧乏脳
  2. 権威あるもの、数少ないものに人は魅了される
  3. 多くの人に支持されるものが受け入れられる
  4. あなたのこだわりは今すぐ捨てなさい
  5. セミナーに参加してるだけなら、ただのカモだ!
  6. 相手が動きたくなる4つのスイッチ
  7. 貧乏人の思考法になっていないか
  8. ヒアリングを成功させる3ステップ
  9. 修羅場こそが自己肯定のチャンスである
  10. 人に嫌われることを、恐れてはいないか
閉じる

江上治 Official Integrate

意識的に良い習慣をつくっているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0679

5月9日東京開催
江上登壇 出版記念セミナー

江上治の受講生でもあり、
『運命転換思考』にもエピソードが
収録されている、年収も億を超える
末岡社長とのコラボセミナーが開催されます。

セミナータイトルは

「運を好転させ
幸福な変身をする方法」

5月9日東京日本橋にて開催されますので
江上と末岡社長の話をぜひ聞きに来てください
残席あとわずかです!

https://goo.gl/r9GfVz

=================================
意識的に良い習慣をつくっているか
=================================

人生はたくさんの選択と
そのつみあげられたもので
形づくられています。

言い換えれば「習慣」です。

習慣には良い習慣と悪い習慣がありますが
よく言われるのは意識的につくりあげた習慣は
良い習慣、無意識に作り上げられた習慣は
悪い習慣ということです。

自分の運命を変えようと思うのなら
自分の中の悪い習慣に気づいて
意識的に良い習慣に変えるしかないのです。

この作業は蓄積された時間が
長ければ長いほど、つらく苦しいものですが
その繰り返しによってしか
自分を変えることはできません。

私のメンターの一人に
そんな良い習慣をふだんから心がけている
人がいます。

ゴルフ会員権の販売会社「桜ゴルフ」を
経営する、女性起業家の佐川八重子社長です。
佐川社長は、いろいろなことを習慣にしている人ですが
例えば慈善団体に毎年必ず
少なからぬ金額を寄付し続けています。

これにはわけがあるのです。
佐川社長は現在、女性起業家支援を
柱にしていますが、これまで老人福祉
教育機関、最近では福島被災地支援など
幅広い活動を行ってきました。

20代半ばで起業し、若くして成功を収めた
佐川社長は、大きなお金を手にして
怖くなったと言います。

「この小さな成功も人のおかげ。
世の中に恩返ししなければ」

と会社を始めて4年目から
寄付行為を行おこない43年になります。

道なき道を切り開き、
時には経営危機に遭遇しながらも
寄付を欠かさなかったのは、

「社会還元活動と仕事は不可分の関係にある」
と考えているからだそうです。

生き馬の目を抜くセールスの世界では
稀有といっていい存在です。

佐川社長のこうした生き方は
「無形の資産づくり」ともいえます。

無形の資産とは
健康、スキルや知識、友人関係、パートナー
家族などです。

これらは、
意識的につくりあげていかなければ得られません。
その意味でも、佐川社長の生き方、その習慣付けは
私たちにも大いに勉強になるのではないでしょうか。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. IMG_0651

    一人で勝とうとしていないか

  2. 稼ぐ人の時間とお金

    稼ぐ人の時間とお金の使い方

  3. 18120275_1070601896408191_404325039_o

    本番に弱い原因はたった一つ

  4. 貧乏人の思考

    貧乏人の思考法になっていないか

  5. IMG_0885

    お金持ちになれる思考、なれない思考

  6. column-580x435

    やりたいこととやるべきことが対立していないか

おすすめ記事

  1. 金持ち脳と貧乏脳
  2. 権威あるもの、数少ないものに人は魅了される
  3. 多くの人に支持されるものが受け入れられる
ページ上部へ戻る