menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
  4. まねるだけでなく「変換力」を持っているか
  5. 「過去」を「未来」のために活用しているか
  6. 人脈づくりを面で考えているか
  7. 人脈づくりでのコストとは何か
  8. 一人で勝とうとしていないか
  9. 人生が傾きかけると主語が「私」になる
  10. プロは2つの目を持っている
閉じる

江上治 Official Integrate

「過去」を「未来」のために活用しているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0662

メンタルブロックという言葉があります。
過去にマイナスの経験があり、
それによってそのマイナス面に
囚われてしまい、
本来本来発揮できずはずの能力が
発揮できずにいる状態を指します。

過去が光り輝いていて
それを誇れる人はまれで、
マイナス面にとらわれている人が
圧倒的に多いと思います。

そのような人が
メンタルブロックを外すには、
過去に対する考え方を変えるしかないと
考えています。

過去を考えた時、
いちばん明確にしなくてはならないのは
過去はすでに決定されていて
変えられないということです。

親の言ったこと、
教師のしたこと
そういう身近な人の言動で
メンタルブロックは
生まれてしまうものですが、
彼らの行動はすべて
過去のことにすぎません。

その過去に縛られていては
いつまでたっても
自由にはなれないのです。

まず、
問題を作り出しているのは
相手ではなく、あなた自身である
ということに気づくべきです。

考えてみれば
動かすことのできない「過去」
なんて、本当はどうでもいい
代物なのです。

そう考えれば
少しは過去との決別が
しやすくなるのではないでしょうか

そういうとらえ方ではなく
私は「過去」を「未来」のために
もっとプラスの方向で
活用した方が良いと
考えています。

過去からマイナスを探すのではなく
過去からプラスを積極的に
さがして来るのです。

そうすれば
失われていた自信が回復します。
自分に暗示をかけて
「こういう優れた点が自分にはある」
と思いこむのです。

例えば
子どもののころほめられたこと
得意だったこと
好きだったこと
自分ができたこと
幸せだった記憶をたどり、

こうした過去のプラスのことを
出来るだけたくさん集めてみるのです。

「気が利くね」
「やさしいね」
「国語が得意だね」

そういった様々なプラスの言葉を
掛けられてきたはずです。

それを思い出すだけでなく
紙に書き出すことで
すっかり忘れていた
自分の得意分野や
とても評価されていたことが
整理できるはずです。

とにかく、
様々な方法をつかって
過去の経験によってつくられた
メンタルブロックを外す努力をした方が
人生をみのりあるものにできます。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 視線は常に他人

    視線は常に他人に向いているか

  2. バスから

    バスから降りてもらう決断ができるか

  3. サンプル

    何にお金を使うかを常に考えているか

  4. jishi

    自信は無いのではなく忘れているだけ。いつでも取り戻せる

  5. donnaninngen

    どんな自分になりたいのか、どんな人間になりたくないのか

  6. 人の

    「人の縁」や「出会い」を求める前に必要なこと

おすすめ記事

  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
ページ上部へ戻る