menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

人脈づくりでのコストとは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0653

4/17 江上治新刊発売!
『給料が上がらなくても、
お金が確実に増える方法を
教えてもらいました。』(あさ出版)

お給料が増えない。
ボーナスも期待できない。
臨時収入だってない。

景気がいいのは昔の話で、
このご時世、多くの人々が
不況に苦しんでいます。

マジメに働いたところで、
お給料は増えませんし、
ローン、教育費、老後と
支出ばかりがかさみます。

倹約や節約をしたところで、
お金は貯まらず、
月末はいつだってギリギリ……。

本書はそんな”ギリギリ家計”を
脱するために、いち読者を代表して、
編集担当が富裕層専門のカリスマ・
ファイナンシャル・プランナーに
「お金が確実に増える方法」を
体当たり取材してきた1冊です。

いまの状況を何とか脱したい
という方は、

ぜひ本書で”お金が確実に増える方法”を
探してみてください。

ご購入はこちらから
↓↓↓
http://amzn.asia/iTg0Xfg

=================================
人脈づくりでのコストとは何か
=================================

私の周りの稼ぐ人は
一人で勝とうとしていないと
お話ししましたが、
その行動の根底には
万能の人間、完全な人間など
一人も存在しないという考えが
横たわっています。

自分ひとりでは事業は成し遂げられない
ことを知っているのです。

経験や知恵の足りない部分は
他人の力を借りなくてはなりません。
周囲の協力を得て、
大きな成果を上げるために
時間とお金を人脈づくりに
注いでいるわけです。

うまくいっていない人というのは
残念ながらこの「他力」が
いちばん欠けていると私は思います。

人間関係の構築、
人脈づくりのために行動することが少なく
一人で頑張ってしまう傾向があるのです。

最初はそれでもうまくいくかもしれませんが
永続することはありません。

私の父のように苦しくなって
いずれ潰れてしまいます。

うまくいっている人の仲間に
入りたいなら、
人付き合いにもっと熱心になることが
必要です。

もちろん、何にしてもコストがかかります。

人脈づくりでのコストというのは
相手に有益な情報、
価値ある情報を提供することです。

相手は有益で価値ある情報を
もらうことによって、
自分の価値が上がるのですから
情報の提供者は貴重な存在となります。

自分が長い時間をかけて培ってきた
ノウハウを独占せずに公開して
業界みんなを勝たせて成長した
美容室チェーンの社長がいます。

ノウハウを惜しげもなく公開することで、
結果的に彼に求心力をもたらし
その求心力による人脈が、
より多くの情報の集積をもたらし
結果的に自身の価値を
高めることにつながっています。

彼のように、
相手に価値ある情報を提供していくことで
結果的に自分も成長することが
うまくいっている人に共通する行動習慣なのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. fuko

    不幸になる思考、幸せになる思考

  2. jibunyori

    自分より上のレベルの人と付き合っているか

  3. 謙虚になれ

    営業マンはもっと謙虚になれ

  4. shikaku

    資格の上に眠っていないか

  5. facebook_catch

    読書を「稼ぐ時間」に変えることができるか

  6. mokuhyou

    目標は的を射るためにあるもの

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る