menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 相手の利益最大化で自分も儲ける
  2. 真似て個性に気付け
  3. 「稼ぐ」に才能はいらない
  4. 第一印象を意識しているか?
  5. 「変化」に対する思考の違い
  6. 他人の予想ばかり聞く人
  7. お金と長期的視点
  8. 令和に、私も覚悟をする
  9. 迷いの理由
  10. 見捨てず、諦めず、提供し続ける
閉じる

江上治 Official Integrate

自分に価値が無いというのは傲慢である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jibunnni

◆◆ 江上治セミナー・講演情報 ◆◆

【東京】4月7日(金)19時~ 

俣野成敏×江上治氏「運命を変える方法」

著書『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)
がベストセラーとなった、江上治の著者仲間でもある
俣野氏とのトークライブ。
ここでしか聞けない話も飛び出すかも!

http://www.matano.asia/event/tokyo20170407/

【広島】4月22日 15時~

『運命転換思考』出版記念講演

江上治創業の地、広島にて
出版記念講演が開催されます。
広島ではめったにない機会です。
ぜひこの機会にご参加ください。

http://integr.jp/seminar/1434/

=================================
自分に価値が無いというのは傲慢である
=================================

自己肯定感の低い人が少なくありません。
過去の失敗にいつまでもとらわれて
自分に自信が持てない、
そうして自分には価値がないと
考えてしまうのです。

しかし、自分で出来ることは
何もない、自分に価値が無いというのは
ある意味傲慢というものです。

そこには「自分」視点しかなく
「他者」視点が何もないのです。

ビジネスで考えればわかりやすいと
思います。

孫正義氏やスティーブジョブズ氏など
起業で大成功した人たちというのは
人々にもっと役に立つには
どんな商品やサービスを世に出したら
良いのかと、一所懸命に考えた人です。

つまり、「人に与える」という思考なのです。

この思考で行動したり、
人に接したりしていないから
運命を変えられないのです。

自分のことばかり考えるのをやめれば
自然に自己肯定感も高まります。

どれだけお客様のお役に立つか
どのようにしてお客様を勝たせるか
これを考えるのが仕事といってもいいでしょう。

お客様の景気がこちらの浮沈に
直接かかわってくるのですから
仕事というのは本来そういうことなのです。

会社対会社だけでなく
例えば上司が不得意な部分を自ら買って出る
といったことも根は同じです。

そこには
相手を勝たせるという
「人に与える」という思考があるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. jinsei

    人生100年時代に必要な資産とは

  2. 2:8

    お金から感情を切り離せ

  3. okyakusama

    お客様に「好き」になってもらう

  4. kanenonioi

    本物の金の匂いのする人間とは

  5. column-580x435

    上司を勝たせているか

  6. 3:28

    私のひきこもり時代

おすすめ記事

  1. 相手の利益最大化で自分も儲ける
  2. 真似て個性に気付け
  3. 「稼ぐ」に才能はいらない
ページ上部へ戻る