menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 行動できない理由
  2. 自分の最期を想定する
  3. その努力は思考停止していないか?
  4. エネルギーを自分の未来に集中しろ
  5. 脳内に「勝ちぐせ」をつける
  6. 人はコントロールしようと 思うほど離れていく
  7. 真似るべきは「思考」だ
  8. まぐれでも成功する、問題はそれからだ
  9. 私の講座に訪れる人の特徴
  10. スーパーリッチは挑戦し続ける
閉じる

江上治 Official Integrate

ボトムアップ思考かトップダウン思考か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
botomup

◆◆ 【残席わずか】江上治セミナー・講演情報 ◆◆

【東京】4月7日(金)19時~ 

俣野成敏×江上治氏「運命を変える方法」

著書『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)
がベストセラーとなった、江上治の著者仲間でもある
俣野氏とのトークライブ。
ここでしか聞けない話も飛び出すかも!

http://www.matano.asia/event/tokyo20170407/

【広島】4月22日 15時~

『運命転換思考』出版記念講演

江上治創業の地、広島にて
出版記念講演が開催されます。
広島ではめったにない機会です。
ぜひこの機会にご参加ください。

http://integr.jp/seminar/1434/

=================================
ボトムアップ思考かトップダウン思考か
=================================

目的思考とは
全てを目的から考えることです。

まず目的があって、
あらゆることが始まります。

すべて目的からの逆算で決まります。

つまり、何ごとにも
目的のないスタートということは
ありえないのです。

あらゆることにおいて、
まずはたどり着くべき目的
(何のために)を考え、

そのための目標
(どうやって)を
立てていくのです。

目的を考えるか
まったく考えないかによって
実は私たちは天と地ほども
異なる世界に身を置くことになります。

能動的に目的など考えず
常に受け身で生きていくスタイルを
私はボトムアップ型と
言っています。

「底(ボトム)」から
与えられたものを積み上げていく
スタイルで、いわば虫の目で
近視眼的に世界をとらえ
「他人まかせ」で歩く生き方です。

ですので、
会社や上司に命じられてやっている
というやらされ感でいっぱいに
なり、心をなくしていくことに
なるのです。

一方で、
目的思考で動くスタイルは
トップダウン型の生き方と言えます。

トップダウンですから
鳥の目で広く世界をとらえ
日々、やらなくてはならないこと
やるべきことを、
目的という高いところからの
至上命題から発して
自分の行動に落とし込む生き方です。

実際ビジョン経営を行っている経営者や
うまくいっている事業家
自信に満ちているように見える人は
無意識のうちにこの作業を
行っています。

日々の行動やさまざまな決定が
すべて目的という最終の地点との
照合によってなされているので
主体的に決定していく爽快感や
間違っていないという
「自己肯定感」が生まれます。

実はこれがあなたの運命を転換する
大きな力となるのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. fukakachinotakai

    付加価値の高い自分資本をつくるには

  2. tadashii

    「正しい」ことが成功への早道とは限らない

  3. imanoyarikata

    今のやり方は10年後も通用するのか?

  4. ningenshihonn

    人間関係資本の本当の意味とは

  5. kaseguhito

    稼ぐ人は時間割を作り、それをタテの人間関係に使う

  6. totetumo

    とてつもなく稼ぐ人が実行している〇〇とは

おすすめ記事

  1. 行動できない理由
  2. 自分の最期を想定する
  3. その努力は思考停止していないか?
ページ上部へ戻る