menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の成功者を見分けろ
  2. 行動できない理由
  3. 自分の最期を想定する
  4. その努力は思考停止していないか?
  5. エネルギーを自分の未来に集中しろ
  6. 脳内に「勝ちぐせ」をつける
  7. 人はコントロールしようと 思うほど離れていく
  8. 真似るべきは「思考」だ
  9. まぐれでも成功する、問題はそれからだ
  10. 私の講座に訪れる人の特徴
閉じる

江上治 Official Integrate

目の前の目標に向かってひたすら走る先に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
menomaeno

◆◆ 江上治セミナー・講演情報 ◆◆

【東京】4月7日(金)19時~ 

俣野成敏×江上治氏「運命を変える方法」

著書『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)
がベストセラーとなった、江上治の著者仲間でもある
俣野氏とのトークライブ。
ここでしか聞けない話も飛び出すかも!

http://www.matano.asia/event/tokyo20170407/

【広島】4月22日 15時~

『運命転換思考』出版記念講演

江上治創業の地、広島にて
出版記念講演が開催されます。
広島ではめったにない機会です。
ぜひこの機会にご参加ください。

http://integr.jp/seminar/1434/

=================================
目の前の目標に向かってひたすら走る先に
=================================

目標と目的は言葉が似ているので
定義があいまいになりがちですが
きちんと分けて考えなければなりません。

2つの漢字の差は、「標」と「的」です。

「標」とは「しるべ」と読み、
正しい方向に導くための印という
意味です。

一方で、「的」とはそのものずばり
「まと」であり、最後にたどり着く
ものです。

先日、自分の人生を
主体的に生きなければならない
とこのメールレッスンでも
書きましたが、

多くの人が
「何のために働いているのか」
「何のために毎月お金を貯めているのか」
と問われたら、自信を持って
答えることができません。

そうして、生きる目的があいまいなままに
毎日の目標ばかりを追いかけるという
人生になっているのです。

目の前の目標に向かって
ひたすら走る。

一見きれいな言葉ですが、
実際の人生ではまったくの逆です。

私のサラリーマン人生も
同じでした。

目の前の数字ばかりに目が行き
右往左往していたのです。

そんな目標ばかりの人生を
送っていた私に、
独立後まもなく、
この病根をえぐり出し、
別の生き方を示してくれた
一人のメンターがいました。

そのメンターは
目標を追いかける辛さを
語った私に対し、

「君の会社の将来像は?
どんなイメージ?
どんな会社にしたいの?
君の働く目的、生きる目的は
何なの?人生の夢は?」

という質問を投げかけたのです。

私は答える言葉も
浮かばないまま
呆然としていました。

すると
「だから疲れるんだよ」

「君には保険を売るスキルは
あるかもしれないけど、
何のためにそれをしているか
ということがはっきりしていない
目的も、会社の夢も、人生の夢もない。
それは疲れるだろう」

その言葉で目が覚め
私も、目標思考から脱皮し
目的思考へと意識を変えることが出来る
きっかけをいただいた瞬間でした。

この目的思考への転換が
運命転換の第一歩となったのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. keieisha

    経営者にはバカと利口と大利口がいる

  2. IMG_0663

    まねるだけでなく「変換力」を持っているか

  3. souzouijyou

    想像以上の自己肯定感をもたらす思考の転換

  4. kasegeru

    稼げる人間になる方法

  5. 時間

    時間は誰でも平等だと思っていないか

  6. tutaetai

    2017年年収1億円手帳の予約開始に際して どうしても伝えたいこ…

おすすめ記事

  1. 一流の成功者を見分けろ
  2. 行動できない理由
  3. 自分の最期を想定する
ページ上部へ戻る