menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

幸せになる思考、不幸を招く思考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shiawase

3月14日開催!『運命転換思考』
江上治出版記念セミナーin大阪
定員まであと7名です!

満席となっておりました
大阪でのトーク&サイン会ですが
トーク&サイン会のみ増席することが出来ました!
直接江上は公開で講演する機会は少ないですので
この機会にぜひご参加ください。
税込1500円です!

http://top.tsite.jp/news/lifetrend/campaign/34391806/?sc_int=tcore_news_lifestyle

・2017年3月14日(火)
・開場 18:30
 トーク 19:00~20:15
 サイン会 20:15~20:45
 懇親会 20:45~22:00 
・梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
 〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
・地図・アクセス http://real.tsite.jp/umeda/access/

=================================
幸せになる思考、不幸を招く思考
=================================

私が主催しているセミナーの
女性受講生からこんな質問を
いただきました。

「思考とは、考えるということですよね?
私も息を吸うように考え事をしていますが
このような日常の平凡なことが大切だなんて
これまで考えたことがありませんでした。
思考にはどんな力があるんですか?」

確かに、あまりにも身近すぎて
思考の重要性がわからなくなっている
方も多いのかもしれません。

私たちは四六時中考えていますが
これは人間だけがもつ優れた特性です。

動物は未来のことを考えるということが
出来ません。生まれた子供のために
将来のために貯金しようというような
考えを持つことができないのです。

私たち人間にとって
思考というのはいつも身近にあります。

私たちの生活も、
さらにその人生そのものも
この思考の世界で営まれているといって
いいでしょう。

でも、生きるうえで切っても切れない
関係にあるこの思考という行為が
マザーテレサが言うように
私たちの運命を決定づけて
しまうことになるのです。

なぜそんなことになるかと言えば
日常の思考の流れが
実は生きていく時間の中で
それぞれ特有の性格や傾向を
持つからです。

明るい面を見る
「幸せになる思考」を持つ人がいる一方
暗い面ばかり見る
「不幸をまねく思考」を持つ
人がいます。

出発点である思考が
人生のあらゆる面において
その選択に影響していると
言っていいでしょう。

私の周りの億を稼ぐ方々は
例外なく「幸せになる思考」の
持ち主です。

しかも、
この思考は
自分たちでそのどちらも
選択することができます。

幸せか不幸か、
それを選択することが出来る
自由をあなたは持っているということです。

今こそ
不幸を招いている思考を手放し
幸福になる思考を意識しましょう。

ではどのような思考を
身につけなければならないか
またお話ししましょう。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. サンプル

    何にお金を使うかを常に考えているか

  2. menomaeno

    目の前の目標に向かってひたすら走る先に

  3. eigyo

    営業マンにとって1ヶ月は20日、1年は10ヶ月である

  4. prof

    プロフェッショナルの領域を持っているか

  5. jikan

    時間は誰にでも平等だと勘違いしていないか

  6. column-580x435

    成否は「自責」か「他責」で決まる。

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る