menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

善行を積めば運命は変えられるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
zengyo

『運命転換思考』
江上治出版記念セミナーin大阪

満席となっておりました
大阪でのトーク&サイン会ですが
トーク&サイン会のみ増席することが出来ました!
直接江上は公開で講演する機会は少ないですので
この機会にぜひご参加ください。
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/campaign/34391806/?sc_int=tcore_news_lifestyle

・2017年3月14日(火)
・開場 18:30
 トーク 19:00~20:15
 サイン会 20:15~20:45
 懇親会 20:45~22:00 
・梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
 〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
・地図・アクセスhttp://real.tsite.jp/umeda/access/

=================================
善行を積めば運命は変えられるのか
=================================

運命について常々考えていると
ある人から、袁了凡の『和語陰しつ録』
(「しつ」はこざと偏につくりは上が少で下が馬)
を子供向けに翻訳したものを
紹介していただきました。

この本は、袁了凡という大学者が
400年ほど前、明の時代に
息子のために書き残した
家訓というべきものです。

本の「はじめに」には
翻訳した三浦尚司氏がこのように綴っています。

「善い行い(これを「善行」と呼びます)
をすることが、中国人が最も望んだ
高い地位の役人になる「科挙」の試験に
合格し進士となる道につながることや、
毎日、善い行いを重ねることによって
親から子へ、さらに孫にまで
運が開けるという、原因から結果までを
事実を示しながら解き明かしています」

つまり、善行を行うことが
運命を変えることだというのです。

善行が運命を変えるということは
事実として、実際に私たちも見聞きする
事は多いので、これは真実と思うのですが
それでも少しばかりの不満を残しました

善行をなすという地点から
運命が変わるという到達点までの
プロセスがはっきりしないのです。

そのようなモヤモヤを抱えている時に
出会ったのが、マザーテレサの箴言(しんげん)
です。私も二度や三度は目にしたものでしたが
このとき私は、新鮮な気持ちで
あらためて読み直してみたのです。

そこに、この運命を変えるプロセスが
見えたのです。

この言葉については
次回のメールレッスンにて
お伝えします。

『運命転換思考』
一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革
ご購入はこちらから
http://amzn.asia/82lo1Xb

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. facebook_catch

    レベルの高い人と利害関係のない付き合いをしているか

  2. column-580x435

    成否は「自責」か「他責」で決まる。

  3. jibunwoookiku

    自分を大きく見せようとしていないか

  4. column-580x435

    主語が私になっていないか

  5. 失敗を未来に

    失敗を未来の経営に生かすメンタリティを持っているか

  6. skejule

    スケジュールの8割は捨てなさい

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る