menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 過ぎ去った経験に命を吹き込め
  2. 「努力」だから続かない
  3. 今からロードマップの準備をする
  4. 習慣で手に入れるお金で買えないもの
  5. 手帳にない人生は絶対に起こらない
  6. 相手を先に信頼する
  7. 違いの孤独を耐え抜け
  8. 独立する恐怖を吹き飛ばしたもの
  9. すばらしい言葉は鉄の扉をも開ける
  10. 同じ目線から関係構築は始まる
閉じる

江上治 Official Integrate

覚悟が定まった時、目の前に応援者は現れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kakugo

弊社の笠井の借金が分かった時の
話をしたいと思います。

社員の借金を背負う覚悟を決めたのは
「たった6000万円くらいのカネから逃げるな!」

というH社長の一喝でした。

H社長は、美容室経営で年収1億円以上を稼ぐ
事業家です。実績のある人に厳しく
指摘してもらえたことが、
私のなによりの幸運でした。

人に恵まれていたのです。

とてつもない成功の前には
新たな可能性を切り開くための困難があります。

ところが、
つねに目の前の困難から逃げる人
というのがいます。

困難を克服することで、
自分にとってのさらなる成長が
手に入ることを知らない人たちです。

逃げてばかりいるから
いつまでも成功を手にできない。

しかも同じ困難が何度も降ってくる。

一方で、一度でも
困難を克服したことがある人は、
困難を越えた先には、自分にとっての
新たな可能性が待っていることを知っています。

そして、その困難が大きければ大きいほど
手に入る成長も大きいことに
気づいているのです。

H社長が私を叱ってくれたのは
そのことを伝えたかったからです。

このようにして
私を新たな可能性へと導いて
くださったのです。

もうひとつ、H社長によって
導かれたものがあります。

人との縁です。

私が借金を肩代わりすることにしたと
伝えると、

「よし、キミがそれだけの覚悟を
決めたのなら、応援しよう」

と知り合いの事業家を
何人も紹介してくれたのです。

いずれも、年収が1億円を超える
人たちです。

その彼らがまた
別の知り合いへとご縁を
つないでくださいました。

これがきっかけで
私は富裕層と言われる顧客を
何人も抱えるようになったのです。

成功している人は
自分が困難を克服してきたからこそ
同じように困難に立ち向かおうとする
相手を応援しようとします。

逆に困難から逃げる相手に対しては
手厳しい

もし、私が社員の借金から逃げて
彼女を放り出していたら
H社長は私との縁を切っていたかもしれません

借金を背負うという決断が
そのあとの私の仕事人生を切り開いたのです。

そして、
その借金を背負った笠井も
覚悟を決めて
ついてきてくれました。

そして、今、彼女が経験してきた
お金の怖さ、そしてお金の持つ本当の意味を
より多くの人に伝えるという仕事
「マネーキャリアコンサルタント」
として、お金に苦しむ女性を
この世から無くすための
活動をしています。

セミナーも定期的に開催していますので
ぜひ参加して彼女の話を聞いてください。

セミナー情報はこちらから
↓↓↓
http://jiritsu-josei.com/

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. shikaku

    資格の上に眠っていないか

  2. 12:14

    「努力」だから続かない

  3. katagaki

    肩書から腕前へ。これからの時代を生き抜くには。

  4. 濃度をたかめる

    時間の「濃度」を高めるたった1つの方法

  5. kikuchikara

    「聴く力」が人間関係資本の源泉である

  6. 13054432_1062162197156063_189365576_o (1)

    あなたの強みにお金を払ってくれるのは誰か

おすすめ記事

  1. 過ぎ去った経験に命を吹き込め
  2. 「努力」だから続かない
  3. 今からロードマップの準備をする
ページ上部へ戻る