menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 厳しい現実を直視できる人
  2. 結果を出すための正しい行動
  3. 論より証拠を確かめて欲しい
  4. 私も覚悟を決めた
  5. EC事業=稼げる+承認される
  6. 望む姿になるのを助けてくれる人
  7. 我々の最終目標
  8. 多様な働き方を知る
  9. 「売るスキル」を得よ
  10. 時間の使い方をマネればその人に近く
閉じる

江上治 Official Integrate

横綱とは最も強く、優れたものという意味ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yoko

「50歳までには横綱のようになっておきなさい」

こう助言してくれた顧客がいました。
ここでいう横綱とは
最も強い、優れた者という意味ではなく
「相手に胸を貸すことの出来る存在」です。

「胸を貸す」という表現は
上位の力士が、下位の力士に
稽古をつけることに由来します。

ぶつかってくる相手に胸を貸して
立ち合いや当たり、受け身などの
技術を習得するための
練習台になってやるということです。

実際に元横綱からこんな話を聞きました。

「技術が未熟で身体が出来ていないころは
相手力士にぶつかって稽古していたが、
実力がついて番付があがると、
次第に受ける立場へと変わっていった。
横綱になると、大関や関脇にも
胸を貸すようになった。」

「自分が最強の力士であるだけでなく
受けることで相手を強くしてやれる
存在でなければ、横綱とはいえない」

と話していたのが印象に残っています。

私は40代まで、挑戦と失敗を
繰り返しながら突っ走ってきました。

ここまで来ることができたのは
このメールレッスンにも登場して
頂いた、メンターや顧客の支えが
あったからです。

人生経験を持ち、基準値の高い方々ばかりで
私の性格やエネルギーをよく理解したうえで
私の強みを伸ばす助言やサポートを
与えてくれました。

「横綱のように」
と教示してくれた方は、
今度は私がそれをする番だという
意味でおっしゃってくれたのです。

部下や後輩、講師を務める講座やセミナーの
受講生たち、そういう人たちの
存在を受け止め、彼らの強みを伸ばし
仕事で勝たせる役割を担うことで
私自身もさらに上のレベルへと成長する
ことが必要なのだと教えてくれたのです。

そして、もしあなたが部下を持っているなら
あなたが本当の意味での横綱となれているか、
もう一度、見つめなおしてみてください。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 4:12

    多様な価値観の中で生きろ

  2. kaseguhitogamotu

    稼ぐ人が持つ「目的思考」とは

  3. mudai

    あなたはどうやって1000円を取りに行くか?

  4. column-580x435

    何かすごいことをしないといけないと思っていないか

  5. 12:1

    確実な「先行投資」とは

  6. 6: 17

    積極的に時間を買え

おすすめ記事

  1. 厳しい現実を直視できる人
  2. 結果を出すための正しい行動
  3. 論より証拠を確かめて欲しい
ページ上部へ戻る