menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 相手の「大義」を理解しているか
  2. マニュアル人間になれ
  3. 自分は「運がいい」と言えるか
  4. 身銭を切って、一流のものに触れているか
  5. 会社名や肩書きがなくても、人を集めることができるか
  6. バカになりきれているか
  7. それは、あなたの発想でしょう?
  8. 何でも人のせいにしていないか
  9. キミはつまらん男だな
  10. 言葉は厳しく、行動は優しい助言者に巡りあう方法
閉じる

江上治 Official Integrate

営業マンにとって1ヶ月は20日、1年は10ヶ月である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eigyo

1月になって振り返ってみると
年末の12月になって
バタバタと動いている人を見かけますが
このような人は稼げない人です。

一方でとてつもなく稼ぐ人は
年末の20日前にはハワイへ出かけ
ゆったりと年末年始を過ごしています。

この差はどこから来るのでしょうか。

皆さん、1か月は31日、1年は12カ月だと
思っているでしょう。

確かにカレンダーを見れば
その通りです。

しかし、稼ぐ営業マンは
1か月を20日、1年を10カ月と
考えて動いているのです。

私が損保時代に営業で日本一に
なった時は最初の10日でノルマを達成し
次の10日で翌月の準備をし
最後の10日は人脈を作ったり
勉強をしたりという時間に使い、

10月には年間の
目標を達成し、2か月間は
翌年の準備に充てていました。

逆に1年が12カ月ある、1か月が31日あると
思っていては、その時間で達成しようと
考えてしまうので、ギリギリになって
しまうのです。

また、営業は相手があるものですから
予想通りいかないことが
起こる可能性もあります。

その時にギリギリの日程で
目標設定をしていると
対応することが出来ず
それがまた次の月へと影響し
悪循環に陥ってしまいます。

ですから、
1か月で10日、
1年で2か月は
元から無いものとして
スケジュールを立てることで
確実に目標を達成できる
サイクルを作ることができます。

とてつもなく稼ぐ人は
1ヵ月は20日、1年は10ヶ月と考え
すべて前倒しでスケジュールを組み立て、
成果を確実にあげているのです。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 絵空事ではない

    営業マンの大胆な変身は絵空事ではない

  2. skejule

    スケジュールの8割は捨てなさい

  3. semina

    セミナー難民の残念な思考法

  4. 視線は常に他人

    視線は常に他人に向いているか

  5. 置かれた場所

    置かれた場所で咲くだけが自分の生き方なのか

  6. kaseguhito

    稼ぐ人が持つ「導入力」「変換力」の源泉とは

おすすめ記事

  1. 相手の「大義」を理解しているか
  2. マニュアル人間になれ
  3. 自分は「運がいい」と言えるか
ページ上部へ戻る