menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. それを疑い、確かめよ
  2. 多動力に必要な自分の最重要事項
  3. サラリーマンと貧困層
  4. 65歳以上の働く理由
  5. あなたが投資で描く未来は何だ?
  6. 自分より大切なものがある人
  7. 軸はどこへいった?
  8. 時間の使い方に生き方の違いが出る
  9. 自分の思考を突きつめろ
  10. 女性達こそ「稼ぐ力」を
閉じる

江上治 Official Integrate

貧乏人の思考になっていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bimbo

1億円思考法メールレッスンの読者は
年収1億円を取るような「お金持ち」が
どのような考え方をしているのか
知りたいと思っているはずです。

しかし、まず始めに
貧乏人の思考法について
もう一度確認してみる必要があります。

これからの時代

皆さんも感じている通り
経済格差が広がり
ますます「お金持ち」「貧乏人」の
差が大きくなっていきます。

だからこそ、
今、お金について学ぶ事が
これまで以上に注目されていますし
お金持ちの思考法を身に着けることが
とても重要になってきているのです。

『金持ち脳と貧乏脳』
という茂木健一郎さんの著書があります。

この冒頭に
「貧乏脳の特徴」が書いてあります。

・いざという時に頼れる友人・知人が少ない
・他人の意見や行動に流されやすい
・与えることにより、もらうことばかり考えている
・常に受け身で被害妄想に駆られてしまう
・「でも」「だって」「どうせ」が口癖
・嫌な事は常に先延ばししてしまう

等があげられています。
確かにそうだなと思うところです。

逆に私がおつきあいさせていただいている
年収1億円を超える成功者の方には
上記のような特徴は一切ありません

これをお金持ちの特徴に言い換えれば
次のようになるでしょう。

「信用ではなく、信頼で付き合うことが出来る仲間がいる」
「自身の明確な人生の目的を持っている」
「常に与えることができている」
「他責ではなく、つねに自責である」
「出来ない理由ではなく、どうしたら出来るかを常に考える」
「即断即決である」

この中でも、
人生の目的を持つという項目は
全ての上位に来るものです。

人生の目的があれば
その目的に共感する仲間が集まります。

人生の目的があれば
すべての事柄を自責として受け入れることができます。

人生の目的があれば
どうしたら目的を達せられるかを常に考えるようになります。

人生の目的があれば
判断基準が明確になり、決断のスピードが上がります。

今回の年収一億円手帳1Dayセミナーとは
まさにこの人生の目的を探し、毎日の行動に
落とし込むための方法論を学ぶセミナーなのです。

この投資が
あなたにとって
かけがえのない財産となるよう
私がこれまでの人生で会得してきたものを
すべてお伝えします。

広島・東京は定員となりましたが
特別にあと数枠増席しております。

人生計画を作り
もっと高い基準に
自分を引き上げたい
そう、決意された方は
1月8日(広島)
1月9日(東京)
の手帳セミナーに
ぜひ参加してください。
より高い次元の目標設定と
それを継続化する方法を
私が徹底的に指導します。

詳細は以下よりご確認の上お申込みください。
本日が最後の募集となります。
↓↓↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/z37c0

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 6:6

    あなたの道はどんな道だ?

  2. column-580x435

    お客様の前ではソクラテス的思考であれ

  3. kanenonioi

    本物の金の匂いのする人間とは

  4. facebook_catch

    私が税理士の皆さんと一緒にやりたいこと

  5. uso

    ウソの仮面をかぶっていないか

  6. プロフィールに石と

    プロフィールに「意志」と「志向」が入っているか

おすすめ記事

  1. それを疑い、確かめよ
  2. 多動力に必要な自分の最重要事項
  3. サラリーマンと貧困層
ページ上部へ戻る