menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 他人を攻撃して自分の欲求を満たす人
  2. 才能・能力が開花する過程
  3. 遠回りでもまっとうであること
  4. 過ぎ去った日々を成功のタネに変える
  5. 負けパターンを攻略したものが勝者になる
  6. 数字とロジックを抱えて走る
  7. なりたい自分になるための環境にいるか?
  8. 何を捨てるかが戦略
  9. 日常的に自分を客観視する
  10. 努力の矛先とセンターピン
閉じる

江上治 Official Integrate

明日25日に大阪でお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テニスの杉山愛さんの母親で
スポーツ選手育成の専門家として
活躍する杉山芙沙子さんが

自身の著書
「一流選手の親はどこが違うのか」
という本で

テニスの錦織選手
ゴルフの石川遼選手と宮里藍選手
の3選手の親の共通項を抽出
しています。

この3人とも
ゴルフやテニスを始めた理由は
同じなのです。

それは

「真似」

です。

両親や兄弟が、
そのスポーツを楽しむ習慣を持っていた
それを「面白そうだな」と
そばで見ていて
真似てみる

3人が世界的アスリートへ
成長していったのも

出発点は
シンプルな好奇心なのです

自分が
「あの人の仕事は素晴らしい」
「あんな風にできるようになりたい」
と思ったら

すぐ真似てみることです。

最初は真似でも
それを繰り返せば
自分自身の仕事のやり方になります。

私も
新卒で入社した会社では
以前も書いたように
事務担当の方の隣に席を作ってもらい
徹底的に勉強しました。

それは
質問の仕方や
挨拶の仕方でも
何でもいいのです。

とにかく真似から入り
定着すれば
それが自分自身の
「勝ちパターン」となるのです。

どんな分野の人でも
仕事の出来る人は
結果を出す際のパターンを
最低でも3つか4つ
持っています。

日本の運輸業界に革命を起こした
クロネコヤマトの宅急便も

もとは、
当時の小倉昌男社長が
米国のフェデラルエクスプレス(現フェデックス)
のビジネスモデルなどを
真似したところから始まっているのです。

日本を代表する
「イノベーション」でも
最初は「真似」から始まるのです。

しかし、
「稼ぎ力」を付けたいという方にとって
身近に真似すべきロールモデルとなる人を探すのは
難しいかもしれません。

私には、世の中からお金で困ったり
自ら死を選ぶような人を絶対に出したくない
という使命があります。

そのためには、
私が年収1億円以上の方々から得た知見や
自らの体験についても全てお伝えしたいと
考えています。

そのためのセミナーが
大阪でも開催されます。

普段東京や広島での活動が多いので
大阪でお会いできる機会はあまりありません。

出発は「稼いでいる人がどんな考えをしているのだろう?」
というシンプルな好奇心でも構いません。
今より少しでも現状を打破したいと
お考えの方は、

10月25日(火)19時から
大阪の会場にてお待ちしています。

『営業メンタークラブセミナー』
お申込みは今すぐこちらよりお願いします。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. 最も難しい時代に生きるサラリーマンへ

  2. 私が笠井に勝てないこと

  3. 余剰がなければ変化できない

  4. どんな自分になりたいのか、どんな人間になりたくないのか

  5. エビデンスを確認しろ

  6. 富裕層と格差の話

おすすめ記事

  1. 他人を攻撃して自分の欲求を満たす人
  2. 才能・能力が開花する過程
  3. 遠回りでもまっとうであること
ページ上部へ戻る