menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
  4. まねるだけでなく「変換力」を持っているか
  5. 「過去」を「未来」のために活用しているか
  6. 人脈づくりを面で考えているか
  7. 人脈づくりでのコストとは何か
  8. 一人で勝とうとしていないか
  9. 人生が傾きかけると主語が「私」になる
  10. プロは2つの目を持っている
閉じる

江上治 Official Integrate

コントロール出来ないことを変えようとしていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
null

以前、精神分析者アドラーの
『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)
に触れたところ、読者の方や
周囲の人からも、

「自分も読んでいる」と
反応が多数ありました。

さすがのベストセラーです。
ただ、私の周囲の読者の中に
こんな事を言う人がいたのです。

「嫌われ者になれという本は
初めて読みました」

私は、それは誤読だと
たしなめました。

この本には「嫌われ者になれ」
とは一行たりとも書いていません。

他人の思惑や評価を気にするな
嫌われることを恐れるなと
言っているにすぎません。

嫌われること、
承認されないこと
を恐れないというのは
自分の生き方を貫くためのコスト
なのです。

鍵となるのは
他人と自分、どちらに
視線を向けることが重要か
という事でしょう。

世の中には変えられることと
変えられないことがあります。

そして、他人は変えられません。

自分を嫌っている人の
心も変えることはできません。

他人の評価や思惑も
変えられません。

ならば、
その他人の評価や思惑を
変えようと迎合しても
彼らは変わるとは限りません。

もっと激しく嫌われる
かもしれません。

ですが、
「私」は変えられるのです。

自分の意志次第で
「私」を変えていくことは
出来ます。

創業10年あまりで
年商200億円の健康食品会社を
作り上げたK社長は
サラリーマン時代、
伝説的に稼ぐ営業マンでした。

常に売上トップ
当然ながら、妬まれて
一番業績の良くない支店に
飛ばされました。

内部は不満とコンプレックスと
やる気の無さに満ちています。

最下位支店の支店長です。
外部からの評価もいいはずがありません。

仕事がうまくいかない人は
そんなマイナスの局面に立ち至ったとき
悲しいことに、他人に視線を
向けがちです。

早い話が、
「会社の商品が悪い」
「自分を飛ばした人事が悪い」
「外部の経済環境が悪い」
と他人のせいにするわけです。

しかし、ここで、
K社長はその原因を外部に求めることはせず

内部の改善点を徹底的にヒアリングし、
業績を急激に回復させる事が出来ました。

とてつもなく稼ぐ人は
他人は変えられないことを知っており
「何を変えるか」「何が変わり得るか」
を見定め、自分自身が変えられる内部
つまり自分でコントロールできることを
徹底的に改善し、常に成功を
つかんでいるのです。

先日からお伝えしている
営業メンタークラブセミナーですが
開催が近づいてきていますので
早めにお申込みを。

日程等詳しくはリンク先をご確認ください。
『営業メンタークラブセミナー』概要はこちら

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

関連記事

  1. shinyou

    信用と信頼の違いを理解しているか

  2. 時間をどうつかうかは

    時間をどう使うかは人生をどうとらえるかということ

  3. hon

    本を先生として学んでいるか

  4. kakugo

    覚悟を決めた人に応援者は現れる

  5. プロフィールに石と

    プロフィールに「意志」と「志向」が入っているか

  6. tutaetai

    2017年年収1億円手帳の予約開始に際して どうしても伝えたいこ…

おすすめ記事

  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
ページ上部へ戻る