menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

カテゴリー:コラム

「江上さんは失礼な人なのだからそのままでいくといいですよ」私が本を書くときに出会った出版関係者がこう言いました。実は、それまで自分では顧客への細かな気遣いが長所だと思っていましたので、「失礼な人」とい…

組織で働いていている人の中にはなかなか仕事を部下にまかせきれず「やはり自分がやらなければ」という思いで、背負いこんでいる人がいるかと思います。しかし、それは部下の専門知識や技能を身につける機会を奪っている…

アースホールディングスの國分社長が 社員にいつも話しているのが、「○か×以外の答えは出すな」ということ。彼は、20坪ほどの小型店舗を多数展開して成功していましたが、スタッフを育てれば、独立してしまうことに…

さらに記事を表示する

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る