menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
  4. いい人になる必要など、ない。
  5. 自分がやらなければと思うのは仕事の仕分けができていない証拠
  6. 答えはYESかNOか、どちらかだ
  7. お金の匂いのする人間、しない人間
  8. 相手と自分の物語を重ねる会話術
  9. 逆境をチャンスに変えるため脳の仕組みに逆らってみる
  10. 上司の悪口を言って出世した人間はいない
閉じる

江上治 Official Integrate

カテゴリー:コラム

一流になりたければ、大きく稼げる人間になりたければ一流に学び、一流のワザを盗むのが一番です。しかし、気が利かない人間は「自分の周りには、一流のプロフェッショナルがいない」と言い出してしまいます。…

あなたは顧客訪問や、打ち合わせなどで人に会うとき事前に相手のことを調べているでしょうか。人に会いにいくことは営業マンにとって勝負の時間です。が、その勝負を左右するのが相手に関する情報収集だと言えます。…

私が新卒で入社した損害保険会社を退職するときお世話になった銀行の副頭取を挨拶のために訪ねました。ちょうど夏だったので、一週間ほど有休消化をして、リフレッシュするつもりでした。そのことを副頭取に話したと…

さらに記事を表示する

おすすめ記事

  1. 一流の仕事に気づくことが出来るか
  2. 相手に会う時間だけが勝負だと思っていないか
  3. 「正しい」ことが成功への早道とは限らない
ページ上部へ戻る