menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
  4. まねるだけでなく「変換力」を持っているか
  5. 「過去」を「未来」のために活用しているか
  6. 人脈づくりを面で考えているか
  7. 人脈づくりでのコストとは何か
  8. 一人で勝とうとしていないか
  9. 人生が傾きかけると主語が「私」になる
  10. プロは2つの目を持っている
閉じる

江上治 Official Integrate

なぜあなたはその仕事をしているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nazeanataha

ミッションやビジョンが必要と
多くの人が説きます。

人生における目的や志は、
生きていく上での指針になり

何のために仕事をしているのか
どんな生き方がしたいのかなどを
折に触れて意識し確認することで

迷いや悩みから立ち戻ったり
成功による慢心やうぬぼれを
戒めることもできるからです。

でも、それだけではありません。
目的や志が明確であれば

そこに共感したり、賛同したり
する人たちが集まってきます。
つまり「応援者」が出来るのです。

とはいえ、
若くして志を語れる人は
ほとんどいません。私もそうでした。

何のために仕事をするのか
考えたこともありませんでした。

それでもどこかの段階で
仕事に対する思いを、
志に昇華していくプロセスが
必要なのです。

きっかけは私の場合
人との出会いでした。

以前のメールにも登場した
ある地方銀行の副頭取との出会いです。

二十代のころは
「三年以内に全国一位になる」と
社内で宣言していました。

そこで売上をあげるために
毎朝の銀行回りを自分に課していました。

行員が取引先企業を訪問する際に
同行し、保険を販売させてもらうのです。

その時、毎朝銀行へやってくる
営業マンは珍しいと、
関心を持ってくれたのが副頭取でした。

全国一位を狙っているんだと言うと
その率直さも気に入ってもらえたようで
銀行の各支店をはじめ、地元の
有力者を紹介してくれるなど
何かと目をかけてもらえるように
なりました。

ある時、副頭取に
「なぜ損害保険会社を選んだのか」
と質問されました。

私の父は親類の借金に追われ
それがもとで命を縮めました。
私がサラリーマンになったのは
その父の死が影響していました。

商売をすれば借金の苦労がある
父の死を前に、そう思い、
そのため、一流企業に就職することで
一生を安泰に暮らしたい

と考えていました。

ところが、それを聞いた副頭取は

「キミはつまらん男だな」

と言い放ったのです。

「保険を売って、金を儲けることしか
考えていない。キミには何の魅力も
感じないよ」

しかし次のようなアドバイスも
いただきました。

「キミは、商売人だったお父さんの
DNAを引き継いでいるんだろう。
このままじゃもったいないぞ。
お父さんの思いを、もう少し
真剣に受け止めて仕事をしてみたらどうだ。
そうすればもっと
数字もついてくるぞ」

この副頭取のアドバイスに導かれ
私は自分がなぜこの仕事を
しているのかという問いに
正面から向き合うようになりました。

そうやって見つけたのが

「父のようにお金がもとで
命を削るような人を作りたくない。
お金で苦労する人をひとりでも
なくしたい」

という志です。

人生の目的や志を聞かれても
すぐにそれを語ることが出来る人は
そうはいません。

ですが、
自分の生い立ちについては
語ることができます。

これまでの人生の目的や志を
意識するチャンスがなかった人は
まずは自分の生い立ちを
棚卸するところから
はじめてみてはどうでしょう。

そこに人生の目的や志に
つながるヒントも潜んでいるはずです。

お盆休みでまとまった休みを
取られるかたもいらっしゃるでしょう。
せっかくですかあなたの人生の目的、
なぜその仕事をしているのか
ということを一度深く考えてみる機会に
してみてください。

=======================================
江上治のメールレッスンに登録しませんか?
=======================================
大手保険会社で全国一位を4回獲得。
プロ野球選手や経営者等年収1億円以上のクライアントを
50人以上抱える富裕層専門ファイナンシャルプランナー江上治が
あなたにとてつもなく稼ぐ人の思考法をメールでお伝えします。
まずはメールレッスン(無料)に登録ください。

メールレッスン登録後、
すぐに1億円思考セミナー90分動画をプレゼント!

↓↓↓今すぐ申し込む↓↓↓

おすすめ記事

  1. 意識的に良い習慣をつくっているか
  2. 本番に弱い原因はたった一つ
  3. 自分の狭い人生だけを生きようとしていないか
ページ上部へ戻る